カムカムエヴリバディ:錠一郎、るいに思いを告げる 視聴者「完全にプロポーズ」と盛り上がる

NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」第51回の一場面 (C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」第51回の一場面 (C)NHK

 上白石萌音さん、深津絵里さん、川栄李奈さんが主演するNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「カムカムエヴリバディ」(総合、月~土曜午前8時ほか)第51回が1月13日に放送。錠一郎(オダギリジョーさん)がるい(深津さん)に思いを告げる一幕があった。

 第51回では、るいはトミーの誘いで、錠一郎とベリー(市川実日子さん)とともに車で海へ行くことに。いくらデートに誘っても答えてくれない錠一郎との関係を深めたいベリーは、大乗り気。トミーがダブルデートを計画したのだが、実はそのトミーには隠れた狙いがあり……。

 ドライブからの帰り、るいを送りがてら、錠一郎は関西一のジャズトランぺッターを決めるコンテストへの出場を決心する。優勝者は東京・銀座の一流クラブへのステージ出演とレコードデビューできることもあり、錠一郎は「もし僕が優勝したら、一緒に東京に行ってくれる?」とるいに切り出す場面があった。

 SNSでは「いきなりのプロポーズ?」「それは完全にプロポーズの言葉じゃん」「アレコレすっ飛ばしていきなりプロポーズ」と盛り上がったほか、「るいちゃんは素直にOKしないと思う」といった反応もあった。

 「カムカムエヴリバディ」は、朝ドラ史上初の3人のヒロインが織りなす100年のファミリーストーリーで、昭和、平成、令和の時代に、ラジオ英語講座と共に歩んだ祖母、母、娘の3世代親子を描く。上白石さんは祖母の安子役、深津さんは母のるい役、川栄さんは娘のひなた役として、バトンをつなぐ。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る