愛しい嘘~優しい闇~:初回から新川優愛に“衝撃展開”! 「怖かった~」「登場人物みんな闇抱えてる」(ネタバレあり)

連続ドラマ「愛しい嘘~優しい闇~」第1話の一場面=テレビ朝日提供
1 / 1
連続ドラマ「愛しい嘘~優しい闇~」第1話の一場面=テレビ朝日提供

 波瑠さん主演の連続ドラマ「愛しい嘘~優しい闇~」(テレビ朝日系、金曜午後11時15分)が1月14日にスタートした。第1話のラストで、新川優愛さん演じるメインキャラクターの岩崎奈々江に訪れた“衝撃展開”にSNSでは「うわぁぁぁぁ!」「怖かった~」「続きが気になるー!」などのコメントが続々と上がった。

 ◇以下、ネタバレがあります。

 ドラマは、講談社の無料マンガアプリ「Palcy(パルシィ)」で連載中の愛本みずほさんのマンガ「愛しい嘘 優しい闇」が原作。明るい将来が見えないまま、マンガ家のアシスタントとして働く主人公・今井望緒(波瑠さん)が、中学卒業から14年たったある日、不意に開催された同窓会で初恋の相手の雨宮秀一(林遣都さん)と再会し、片思いだと思っていた彼から積極的なアプローチを受ける一方で、同級生が次々と亡くなる事件に巻き込まれていく……というストーリー。

 第1話では、望緒が不意に開催された同窓会で、東京でIT企業の社長を務める雨宮、地元の山梨で両親とワイナリーを経営している幼なじみ・深沢稜(溝端淳平さん)、東京で弁護士をしている本田玲子(本仮屋ユイカさん)、地元の名家に嫁いだ専業主婦の野瀬優美(黒川智花さん)、中学時代からモテモテで野心家の地元会社に勤める奈々江の5人と久しぶりの再会を果たした。

 望緒は、なぜか片思いだと思っていた雨宮からの積極的なアプローチを受けるが、一方で雨宮に思いを寄せる奈々江から一方的にライバル視される。奈々江の行動は次第にエスカレートしていき、望緒への嫌がらせのため、ついには望緒の家に空き巣に入る暴挙に出る。望緒は玲子の助けもあり、奈々江を追い詰めるが、優しい性格から奈々江を許す。一方の奈々江も鬱憤を晴らし終えたのか、「私は、あんたたちより幸せになってみせる。雨宮くんなんて目じゃない、そんな男、望緒にくれてやるわよ」と言い放ち、前を向いた。

 しかし、ラストでは突然、望緒のもとに奈々江が死んだとの連絡が入り、川で血を流して横たわる奈々江の姿も映し出された。そして最後に、望緒のナレーションで「これは悲劇の始まりに過ぎず、私たちはこれからさらに恐ろしい事件に巻き込まれることになっていく。そして、その事件を操る犯人は私たちのすぐそばにいる……」と流れ、第1話は幕を閉じた。

 次回予告では「同級生の死の裏に男の影……」との文字も映し出された、衝撃の第1話。SNSでは「新川優愛ちゃんここで終わりはつらい」「1話で1人死ぬ話なのかな」「登場する人たち皆怪しくてもう誰も信用できない、考察が止まりません」「登場人物みんな闇抱えてる」などの声も上がっていた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る