鎌倉殿の13人:小栗旬「本当に“大泉のせい”が多いんですよ」 頼朝への不満がなぜか大泉洋に?

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」に主演する小栗旬さん
1 / 1
大河ドラマ「鎌倉殿の13人」に主演する小栗旬さん

 1月9日にスタートしたNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(総合、日曜午後8時ほか)に主演する小栗旬さんが、15日放送のトーク番組「土曜スタジオパーク」(NHK総合)に出演。同作では、大泉洋さん演じる源頼朝が原因でさまざまな事件が起きるといい、小栗さんは「本当に“大泉のせい”が多いんですよ」と頼朝ではなく、なぜか大泉さんに不満を向けて、スタジオの笑いを誘った。

 番組には、大泉さんがVTRゲストとして登場。大泉さんは、小栗さんについて「感情移入し過ぎて、(演じる)役者まで嫌いになってしまう」と告白。ドラマの撮影現場では、小栗さんが「やっぱさぁ、洋ちゃん(大泉さん)があんなことしなかったら、あの人死んでないから!」と話していたこともあったといい、大泉さんは「俺じゃねぇだろ!」と不満をこぼした。

 「鎌倉殿の13人」は61作目の大河ドラマ。脚本は、2004年の「新選組!」、2016年の「真田丸」に続き3度目の大河ドラマ執筆となる三谷幸喜さんで、野心とは無縁だった若者が、いかにして武家の頂点に上り詰めたのかを描く、予測不能のエンターテインメント作だ。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画