松本潤:“妻”上戸彩の尻に敷かれる「なかなかないのでうれしい」 夫婦役は「最初は恥ずかしかった」

連続ドラマ「となりのチカラ」記者会見に出席した松本潤さん
1 / 2
連続ドラマ「となりのチカラ」記者会見に出席した松本潤さん

 松本潤さんが1月17日、東京都内で行われた連続ドラマ「となりのチカラ」(テレビ朝日系、木曜午後9時)の記者会見に、共演の上戸彩さんらと共に出席。松本さんは、同じ高校に通っていた上戸さんと夫婦を演じることについて、「最初はちょっと恥ずかしかった」としつつ、「(劇中では)僕はちょっと尻に敷かれている感じなのですが、その感じも含めてなんか楽しいです」と明かし、「上戸彩さんに敷かれるなんてなかなかないのでうれしいです」と冗談めかして笑いを誘った。

 一方、上戸さんは、松本さんについて「私が高1のときに、松本さんが高3だったのですが、当時から3学年全部をまとめていたリーダーでした。今も変わらず、みんなを引っ張っていく感じは変わらないなと思いました」と振り返った。

 この日は、映美くららさん、ソニンさん、清水尋也さん、浅野和之さん、風吹ジュンさん、松嶋菜々子さん、人気グループ「なにわ男子」の長尾謙杜さん、ドラマの脚本を担当する遊川和彦さんも出席した。

 「となりのチカラ」は、遊川さんオリジナルの社会派ホームコメディー。思いやりと人間愛にあふれていながら、何をしても中途半端な主人公・中越チカラ(松本さん)が、問題を抱えたマンションの住人たちの悩みを解決していく姿を描く。1月20日スタートで、初回は拡大スペシャル(午後9時~同10時4分)で放送される。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画