大怪獣のあとしまつ:山田涼介&眞島秀和の特務隊コンビが真剣なまなざし 爆破エキスパートのオダギリジョーも 新場面写真

映画「大怪獣のあとしまつ」の場面写真(C)2022「大怪獣のあとしまつ」製作委員会
1 / 2
映画「大怪獣のあとしまつ」の場面写真(C)2022「大怪獣のあとしまつ」製作委員会

 人気グループ「Hey!Say!JUMP」の山田涼介さんが主演を務める特撮映画「大怪獣のあとしまつ」(三木聡監督、2月4日公開)の新たな場面写真が公開された。特務隊の一等特尉・帯刀アラタ(山田さん)と特務隊の隊長・敷島征一郎(眞島秀和さん)が、真剣なまなざしで向き合う様子や、元特務隊員で爆破のエキスパートであるブルースこと青島涼(オダギリジョーさん)の姿が切り取られている。

 本作のメガホンを取った三木監督は、「特務隊の世界観はブルー。警察と軍隊の中間に見えるようにイメージしました。映画『スターシップ・トゥルーパーズ』のような現代的な装備に近いイメージにして、濃いめのブルーを部隊色として設定しましたが、特務隊時代に組織のはみ出し者だったオダギリくん演じるブルースのみ、色合いを少し変えています。規律には従わないけど腕はすごいタイプにしたかったので、少し浅めの色にしました。“青ヘル”として隊の中で有名な男だったという設定です」とこだわりを語っている。

 「大怪獣のあとしまつ」は、松竹と東映が初めてタッグを組んで製作。三木監督のオリジナル脚本で、主人公のアラタら特務隊員が、人類を恐怖に陥れた巨大怪獣の死体の後始末に奮闘する姿を描く。

写真を見る全 2 枚

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画