横浜流星:三浦翔平と緊張のババ抜き 映画「嘘喰い」新映像公開

映画「嘘喰い」新映像の一場面 (C)迫稔雄/集英社 (C)2022 映画「嘘喰い」製作委員会
1 / 3
映画「嘘喰い」新映像の一場面 (C)迫稔雄/集英社 (C)2022 映画「嘘喰い」製作委員会

 俳優の横浜流星さんが主演を務める映画「嘘喰い(うそぐい)」(中田秀夫監督、2月11日公開)の新たな映像が公開された。公開されたのは「デス・ゲーム編」と「天才ギャンブラー編」の2本で、いずれも15秒のスポット映像。横浜さん演じる主人公の天才ギャンブラー・斑目貘(まだらめ・ばく)が、三浦翔平さん演じる佐田国一輝とババ抜きをする緊張感あるシーンが収められている。

 「デス・ゲーム編」では、「嘘を見破れなければ即死のデス・ゲームに没入せよ」というナレーションとともに、貘が「お前はただの大嘘つきだ」と声を荒らげる。「天才ギャンブラー編」では、「天才ギャンブラーとイカサマ師のデス・ゲーム開宴」というナレーションとともに、貘が「あんたの嘘、俺が喰(く)ってやるよ」と言い放つ。

 映画は、2006〜17年に「週刊ヤングジャンプ」(集英社)で連載された迫稔雄さんの人気マンガが原作。通称「嘘喰い」と呼ばれる正体不明の天才ギャンブラー・貘(横浜さん)が、日本の闇社会を牛耳る組織・会員制の倶楽部賭郎(くらぶかけろう)の頂点を目指し、巨額の金と命を懸けたギャンブル、ゲームに興じる姿を描く。

写真を見る全 3 枚

映画 最新記事