工藤遥:ドラマ「あせとせっけん」に出演 リスっぽく動き回るアシスタントに

連続ドラマ「あせとせっけん」に出演する工藤遥さん(C)「あせとせっけん」製作委員会・MBS
1 / 7
連続ドラマ「あせとせっけん」に出演する工藤遥さん(C)「あせとせっけん」製作委員会・MBS

 元「モーニング娘。」のメンバーで女優の工藤遥さんが、「劇団EXILE」の佐藤寛太さんと女優の大原優乃さんがダブル主演する連続ドラマ「あせとせっけん」(MBS、木曜深夜0時59分)に出演することが1月20日、分かった。名取香太郎(佐藤さん)と同じ商品開発部で、アシスタントを務めている一瀬こりすを演じる。

 原作は、2018年にアプリ「週刊Dモーニング」(講談社)で連載を開始、その後、週刊マンガ誌「モーニング」(同)に移籍して2021年まで連載され、コミックス全11巻で累計発行部数440万部を突破した山田金鉄さんの同名マンガ。せっけんの商品開発プランナーの香太郎は、同じ会社で経理部として働く麻子(大原さん)と出会う。重度の汗っかきでコンプレックスを抱える麻子だが、香太郎から商品開発のプレゼンのために「これから1週間、毎日匂いを嗅がせてほしい」と懇願され……という展開。

 工藤さんが演じるこりすは、快活な性格で、リスっぽくちょこまかと元気に動き回る。新入社員の時に香太郎から育成担当として直接指導を受けていて、香太郎にひそかに思いを寄せているという役柄だ。

 また、麻子の弟・八重島桂太役で杢代和人さん、商品開発部の同僚の涼村悠二役で大平修蔵さん、経理部の同僚・坂下牧役で中田絢千さん、橋谷修役で森優作さん、経理部の部長・大蔵仁役で池内万作さんの出演も決定した。

 ドラマはMBSの「ドラマ特区」枠で2月3日深夜スタート。テレビ神奈川などでも放送される。

写真を見る全 7 枚

テレビ 最新記事