阿部華也子:「めざまし」お天気お姉さん声優初挑戦 劇場版アニメ「ブルーサーマル」で記者に

「ブルーサーマル」に声優として出演する阿部華也子さん(C)2022「ブルーサーマル」製作委員会
1 / 2
「ブルーサーマル」に声優として出演する阿部華也子さん(C)2022「ブルーサーマル」製作委員会

 フジテレビの朝の情報番組「めざましテレビ」(月~金曜午前5時25分)の7代目お天気キャスターを務める阿部華也子さんが、劇場版アニメ「ブルーサーマル」(橘正紀監督、3月4日公開)に声優として出演することが分かった。阿部さんが声優に挑戦するのは初めて。阿部さんは、大学の体育会航空部に所属する主人公・都留たまきが出場する大会で、たまきのライバルとなる注目選手を熱心に取材する記者を演じる。

 同作は、大学の体育会航空部が舞台の小沢かなさんの青春マンガが原作で、「空を舞台にした作品だからこそ、空を愛し、空に深く関わる仕事をしている方に本作に関わっていただきたい」というプロデューサーの思いから、お天気キャスターを務める阿部さんが出演することになった。演じる記者は、阿部さんに似せて描き下ろしたという。阿部さんはオファーを受け、「私の空に対する思いが皆さんに伝わっていたことが実感でき、うれしく思いました」とコメント。

 同作で初めてアフレコに挑戦した阿部さんは「話しかける相手との距離や抑揚を考えながら、声だけで表現するというのが難しかったです。はじめは緊張しましたが、回を重ねるごとにちょっとずつ肩の力を抜くことができました」と振り返った。

 作品について「『ブルーサーマル』は出てくるキャラクターたちが本当に魅力的で、何より空に対する思いが詰まった映画です。私自身、主人公のたまきと同じように空が好きで空と関わるお仕事をしているので、思わず共感するところがありました。そんなキャラクターたちの空に懸ける思いを感じていただけたらうれしいです」とコメントを寄せている。

 劇場版アニメは、「月刊コミック@バンチ」(新潮社)で2015年4月~2017年11月に連載されたマンガ「ブルーサーマル-青凪大学体育会航空部-」が原作。エンジンを搭載せず上昇気流(サーマル)を捉えることで飛ぶ航空機・グライダーで飛行スピードを競う部活・体育会航空部を舞台に主人公・都留たまきと仲間たちの青春が描かれた。アニメは、堀田真由さんが、主人公・たまきを演じ、島崎信長さん、榎木淳弥さんが声優として出演する。

写真を見る全 2 枚

アニメ 最新記事