愛しい嘘~優しい闇~:“雨宮”林遣都がアリバイ証明も怪しい? “別人説”も 視聴者「妙に完璧すぎて信じきれない」(ネタバレあり)

連続ドラマ「愛しい嘘~優しい闇~」の第2話の一場面=テレビ朝日提供
1 / 4
連続ドラマ「愛しい嘘~優しい闇~」の第2話の一場面=テレビ朝日提供

 女優の波瑠さん主演の連続ドラマ「愛しい嘘~優しい闇~」(テレビ朝日系、金曜午後11時15分)第2話が1月21日に放送された。同話は、主人公・望緒(波瑠さん)たちが、第1話のラストで突然死した同級生の奈々江(新川優愛さん)の死の真相を探る展開に。SNSでは、アリバイを次々と証明していく雨宮(林遣都さん)に「雨宮君が妙に完璧すぎて信じきれない……」「逆に怪しい」「雨宮君の優しそうで感情こもってない感じ」などと、視聴者が雨宮の行動が逆に怪しいと疑惑の目を向けるコメントが目立った。

 ◇以下、ネタバレがあります

 ドラマは、講談社の無料マンガアプリ「Palcy(パルシィ)」で連載中の愛本みずほさんのマンガ「愛しい嘘 優しい闇」が原作。明るい将来が見えないまま、マンガ家のアシスタントとして働く主人公・望緒が、中学卒業から14年たったある日、不意に開催された同窓会で初恋の相手の雨宮と再会し、片思いだと思っていた彼から積極的なアプローチを受ける一方で、同級生が次々と亡くなる事件に巻き込まれていく……というストーリー。

 第2話では、奈々江の死に雨宮が関わっている疑惑が浮上。さらに、同級生たち周囲からの悪評もあり、望緒は雨宮との食事デート中に、「良い人なのか、悪い人なのか、あなたのことが分からない。雨宮君のことが信じられない」と疑惑の目を向けた。対して雨宮は「それじゃあ本当のことを話す。どうなるかは知らないけどね」といい、望緒を連れて病院に向かった。

 病院で雨宮は、若年性アルツハイマーを患って入院しているという母を紹介。自身にかかっている疑惑は全て母のための行動で説明できると、次々とアリバイを証明していき、望緒もそれで納得し、最後には雨宮の次のデートの誘いも受け入れて……と展開した。

 しかし、SNSでは「雨宮君……怪しすぎてむしろもう怪しくない」「あからさまに怪しすぎる」などと雨宮を疑うコメントが上がったほか、謎の多い人物“中野幸”こそが林さん演じる雨宮なのではと指摘する「この雨宮君、実は中野くんルート、ない???」「雨宮君=中野君説に、1票」などというコメントも書き込まれていた。

写真を見る全 4 枚

テレビ 最新記事