妻、小学生になる。:“おちょやん”毎田暖乃、“見た目は子供、中身は大人”を好演! 石田ゆり子を完コピ?「さすが!」

ドラマ「妻、小学生になる。」第1話の一場面 (C)TBS
1 / 1
ドラマ「妻、小学生になる。」第1話の一場面 (C)TBS

 俳優の堤真一さん主演の連続ドラマ「妻、小学生になる。」(TBS系、金曜午後10時)第1話が1月21日に放送された。本作は生きる意味を失った主人公・新島圭介(堤さん)が、小学生に生まれ変わった亡妻と再会を果たし、人生に向き合っていく姿を描くドラマ。NHK連続テレビ小説「おちょやん」で話題となった子役の毎田暖乃(まいだ・のの)さんが、圭介の妻・貴恵(石田ゆり子さん)の生まれ変わり・白石万理華を演じ、早くも毎田さんの演技力が話題になっている。

 第1話では、貴恵を亡くしてから、残りの人生を“余生”だと思っている圭介は、すっかり生気を失って生活を送っていた。たった一人の家族である、娘の麻衣(蒔田彩珠さん)の幸せを誰よりも願っているものの、コミュニケーションすらうまく取れていなかった。そんなある日、ランドセルを背負った万理華が、「私は10年前に他界したあなたの妻よ」と現れて……と展開した。

 “見た目は子供、中身は大人”の万理華を演じる毎田さんに対して、SNSでは「ありえない設定を見事に演じてる」「石田ゆり子さんがガチで憑依(ひょうい)したんじゃないかってぐらい完コピしてた」「久々に見たおちょやんの子、すげー」「おちょやんのときもうまかったもんなー」「毎田暖乃ちゃんの演技はさすが!」と絶賛のコメントが並んだ。

テレビ 最新記事