真犯人フラグ:毒盛られた凌介、のんきにカニカマ食べるシーンに視聴者突っ込み 瑞穂の一喝に「愛を感じた」の声も

ドラマ「真犯人フラグ」第13話の一場面=日本テレビ提供
1 / 5
ドラマ「真犯人フラグ」第13話の一場面=日本テレビ提供

 俳優の西島秀俊さん主演の連続ドラマ「真犯人フラグ」(日本テレビ系、日曜午後10時半)第13話が1月23日に放送された。フグ毒が混入されたお茶を飲んで意識不明の重体となり、その後、意識を回復した凌介(西島さん)が病室でカニカマを口にするシーンに視聴者から突っ込みが入った。

 本作は、2019年放送のドラマ「あなたの番です」(同局系)の原案を手掛けた秋元康さんら同作スタッフが制作するオリジナルミステリー。妻子失踪がきっかけで、日本中から疑惑の目を向けられながらも、真実を暴いていく主人公・相良凌介の闘いを描くドラマだ。

 第13話では、バタコ(香里奈さん)に渡されたお茶にフグ毒が混入されていて、凌介は意識不明の重体に陥るが、意識を回復。凌介のもとに阿久津(渋川清彦さん)と落合(吉田健悟さん)が訪れ、落合はお見舞いの品としてカニカマを渡す。病室で凌介が一人でそのカニカマを食べていると、瑞穂(芳根京子さん)と一星(佐野勇斗さん)が駆けつけるが、瑞穂は凌介ののんきな姿に「学習能力ないんですか?」「赤ちゃんなんですか?」とまくし立て、「もっと自分のことも大切にしてください」「怖かった」と涙する……という展開だった。

 SNSでは「お見舞いにカニカマって」「無邪気に高級カニカマ食べてる場合やないで」「カニカマ食べてる西島さん可愛い」と盛り上がりを見せた。瑞穂による上司・凌介への一喝には「二宮(瑞穂)さんホントいい人。こんないい部下いないよね」「二宮さんの言葉に愛を感じた」といったコメントが並んだ。

 一星もカニカマを食べたことから「カニカマ食べてる佐野尊い」「喜んでカニカマ食べる佐野が可愛すぎる」と喜ぶファンの声もあった。

写真を見る全 5 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画