大谷亮平:「ごぶごぶ」で生まれ育った大阪・吹田の団地へ 住んでいた部屋を見つけ気分高まる

1月25日放送の「ごぶごぶ」に出演する浜田雅功さん(左)と大谷亮平さん=MBS提供
1 / 5
1月25日放送の「ごぶごぶ」に出演する浜田雅功さん(左)と大谷亮平さん=MBS提供

 俳優の大谷亮平さんが、1月25日放送のバラエティー番組「ごぶごぶ」(MBS、火曜午後11時56分)に出演。先週に引き続き、大谷さんの地元である大阪・吹田市で里帰りロケを行う。

 「同窓会ができる“新しい店”を知りたい」という大谷さんのために、韓国暮らしが長かった大谷さんにぴったりな韓国料理店からスタート。話題が芝居の話になると、大谷さんは「浜田さんってキレる演技めちゃくちゃうまい」と絶賛。浜田雅功さんがドッキリで見せる“キレる演技”を、モノマネを交えて熱弁する。

 続いて訪れたのは、大谷さんが高校生まで住んでいた団地。大谷さんは「あれです! あれです!」と、昔住んでいた部屋を指さしながら気分が高まる。さらに、ある人物と電話をつなぎ、浜田さんも「この番組始まって以来のいい話やったな」という感動エピソードが飛び出す。

 最後に訪れたのは、大谷さんが通っていた中学校。中学からバレー部に所属し、高校時代は大阪府の代表選手にも選ばれるほどバレー漬けの毎日を送っていたという。大谷さんのスパイクを受け止めるため、お笑いコンビ「ツートライブ」が呼び出される。

写真を見る全 5 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画