くらもちふさこ:デビュー50周年記念原画展 カラー原画、名シーン 裏話「KURA VOICE」収録の画集も

原画展「デビュー50周年記念 くらもちふさこ展 ―デビュー作から『いつもポケットにショパン』『天然コケッコー』『花に染む』まで―」のビジュアル(C)くらもちふさこ/集英社
1 / 10
原画展「デビュー50周年記念 くらもちふさこ展 ―デビュー作から『いつもポケットにショパン』『天然コケッコー』『花に染む』まで―」のビジュアル(C)くらもちふさこ/集英社

 「天然コケッコー」などで知られるマンガ家のくらもちふさこさんのデビュー50周年を記念した原画展「デビュー50周年記念 くらもちふさこ展 ―デビュー作から『いつもポケットにショパン』『天然コケッコー』『花に染む』まで―」が、1月29日から弥生美術館(東京都文京区)で開催される。1972年9月に「メガネちゃんのひとりごと」でデビューしたくらもちさんの代表作の名シーンを描いたカラー原画などが展示される。

 原画展は、1月29日~5月29日に開催。入館はオンラインによる事前予約制。入館料は、一般が1000円、大学生、高校生が900円、中学生、小学生が500円。

 デビュー50周年を記念して、画集「デビュー50周年記念画集 THE くらもちふさこ」も発売された。くらもちさんの50年間の歩みをたどる画集で、原画展を主催する弥生美術館の学芸員・外舘惠子さんがキュレーションした、カラーページや予告カットなど500点以上が収録された。くらもちさんが語る制作秘話、裏話も「KURA VOICE」として掲載された。B5変型判、160ページ。価格は3960円。

写真を見る全 10 枚

マンガ 最新記事

MAiDiGiTV 動画