高田純次:祝!75歳 「じゅん散歩」特番で“悪友”大竹まことと新宿巡り “人生の転機”作った柄本明も

2月6日放送の「じゅん散歩 祝75歳デラックス」に出演する高田純次さん(左)と大竹まことさん=テレビ朝日提供
1 / 6
2月6日放送の「じゅん散歩 祝75歳デラックス」に出演する高田純次さん(左)と大竹まことさん=テレビ朝日提供

 タレントの高田純次さんが自由気ままに街歩きをするテレビ朝日の番組「じゅん散歩」(月〜金曜午前9時55分)の特番「じゅん散歩 祝75歳デラックス」が2月6日に放送されることが1月28日、分かった。高田さんが1月21日に75歳を迎えたことを祝して放送され、高田さんの“悪友”の大竹まことさんがゲスト出演。高田さんは、駆け出しのころに通った東京・新宿を大竹さんと一緒に巡る。高田さんの人生の転機を作ってくれたという俳優の柄本明さんも登場する。

 高田さんは1977年、柄本さんらが結成した「劇団東京乾電池」に入団。大竹さんは1979年、きたろうさん、斉木しげるさんと共にコントユニット「シティボーイズ」を結成した。デビュー時期が近く、番組での共演も多い2人は、かれこれ40年来の付き合いになるという。

 特番では、高田さんが出演したバラエティー番組「笑ってる場合ですよ!」と「笑っていいとも!」(共にフジテレビ系)の収録で、4年間通った「スタジオアルタ」前を訪問。2人がよく訪れた飲み屋街「思い出横丁」にも足を運び、思い出話に花を咲かせる。

 高田さんは「ゲスト候補の中に大竹は入れてなかったのに、暇なのは大竹だけで、結局大竹になっちゃったのよ。でも、大竹さんと一緒に散歩できるなんてうれしいですよ! 75歳なんて普通はもう仕事してないよね。俺の同級生はもうみんな定年じゃない? でも、こういう仕事させてもらっているから、生きている限りは這(は)ってでも頑張りますよ」とコメント。

 「関係者には95歳まで『じゅん散歩』やりますって言ってるんだよ。どうなるかは分からないけど(笑い)。少なくとも次のパリ・オリンピックまでは続けたいよね。パリに行きたいね、パリ散歩! 東京ローカルの番組なんだけど、世界規模で」と話している。

 大竹さんは「こいつ(高田さん)が弱っているのが楽しくてね。腰の手術したときとかすぐに見舞いに行ったんだよ、楽しくて! でも弱っていたのに、この番組で散歩し始めたら元気になっちゃったんだもん。迷惑なんだよ! この番組がリハビリに協力しているみたいなもんだよ。でも、ラジオの仕事に行く前に、9時半くらいに起きて飯食ったりしていたら、10時くらいからこの番組が始まるじゃん? 意外とこれが見ちゃうんだよ」と語っている。

 特番は2月6日午後1時55分~同3時20分に放送される。

写真を見る全 6 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画