清水理沙:「デリシャスパーティ プリキュア」出演に「身の引き締まる思い」 「思いを引き継ぎ全力で」

「デリシャスパーティ プリキュア」のオンライン記者会見に登場した清水理沙さん(C)ABCテレビ
1 / 1
「デリシャスパーティ プリキュア」のオンライン記者会見に登場した清水理沙さん(C)ABCテレビ

 人気アニメ「プリキュア」(ABC・テレビ朝日系)シリーズの第19弾「デリシャスパーティ プリキュア」のオンライン記者会見が開催され、芙羽(ふわ)ここね/キュアスパイシー役の清水理沙さんらが登場した。清水さんは、出演が決まり「本当にうれしくて舞い上がって、夢のようでした」と喜び、「これまでも『プリキュア』のオーディションを受ける度に『プリキュアになりたい!』という思いが強くなっていました。身の引き締まる思いがあります。先輩たちがつないできた思いを引き継いで、全力で演じていきたいと思います」と意気込んだ。

 清水さんが演じるここねは、クールビューティーでおしゃれな中学2年生。実家は高級レストランで、パンのエナジー妖精のパムパムに力を分けてもらいキュアスパイシーに変身する。キャッチコピーは「ふわふわサンドde(で)心にスパイス! キュアスパイシー! 分け合うおいしさ、焼きつけるわ!」。

 ここねは「一人で過ごす時間も好き」で、清水さんも「一人で過ごす時間をすごく大切にしています」といい「ピアノを触ったり、音楽を聴いています。最近、新しい趣味として一人で将棋を指すことが癒やしの時間になっています。頭をリフレッシュすることで、お仕事のアイデアが湧くこともあります。大切な時間です」と話した。

 最後に「登場人物、ストーリーが本当に魅力的です。おなかをすかせて見ていただければ!」とメッセージを送った。会見には、和実(なごみ)ゆい/キュアプレシャス役の菱川花菜(はな)さん、華満(はなみち)らん/キュアヤムヤム役の井口裕香さんも登場した。

 「デリシャスパーティ プリキュア」のモチーフは「ごはん」で、テーマは「ありがとうの気持ち」「シェアする喜び」、キーワードは「ごはんは笑顔」。世界中のおいしい料理が集うステキな街・おいしーなタウンを舞台に、プリキュアがみんなの“おいしい笑顔”を守るために活躍する姿を描く。ABC・テレビ朝日系で2月6日から毎週日曜午前8時半に放送。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る