高橋文哉:「ドクターホワイト」第4話は「佐久間のすべてが詰まってる」 浜辺美波に「同い年とは思えない」

連続ドラマ「ドクターホワイト」第4話の一場面=カンテレ提供
1 / 10
連続ドラマ「ドクターホワイト」第4話の一場面=カンテレ提供

 女優の浜辺美波さん主演の連続ドラマ「ドクターホワイト」(カンテレ・フジテレビ系、月曜午後10時)の第4話が2月7日に放送される。同話では、若い研修医の佐久間新平(高橋文哉さん)に大きな転機が訪れる。高橋さんは「今までの佐久間では見ることのなかった感情的なシーンや医者を目指したきっかけ、研修医なりの恩師にあたる患者さんとの向き合い方。佐久間のすべてが詰まってる1話だと思います。ぜひ、楽しんでご覧ください!」とアピールしている。

 ドラマは、「金田一少年の事件簿」などで知られる樹林伸(きばやし・しん)さんの同名小説(角川文庫)シリーズが原作。医師ではないが、豊富な医療知識がある正体不明の女性・雪村白夜(ゆきむら・びゃくや、浜辺さん)が「総合診断協議チーム」(通称CDT)に加入し、医師たちの診断を覆し、患者の命を救っていく医療ミステリー。

 第4話では、佐久間が、再会した高校時代の恩師・鳥羽泰三(橋爪淳さん)の病気と向き合い、人として、医師として、大きな壁にぶち当たる。合唱部の顧問として大会を控えている鳥羽は「肝臓血管腫」と診断され、外科部長・真壁仁(ひとし、小手伸也さん)の執刀で腫瘍の摘出手術を受けることになっていた。しかし、白夜が、真壁に向かって「誤診です」と言い放ち……と展開する。

 高橋さんは、主演の浜辺さんについて「すごく尊敬できるところが多い方で、同い年とは思えないくらいです」といい、「現場での気遣いなど含めて、すべてが優れすぎているんです。もちろんお芝居もすごく魅力的。毎回、長ぜりふがあるのですが、ほかのキャストがたくさんいらっしゃる中でどーんと構えて、よどみなくバシッとキメる同じ年の方がいらっしゃるというのが、僕にとっていい刺激です。ご一緒させていただいて、ありがたい刺激を日々受けながら撮影しています」とコメントしている。

写真を見る全 10 枚

テレビ 最新記事