テレビ朝日:春の改編、深夜帯は20年ぶりの大改革 「若手クリエーターのチャレンジングな企画を」 

テレビ朝日本社外観
1 / 1
テレビ朝日本社外観

 テレビ朝日が3月11日、2022年4月からの番組編成を発表した。平日午後11時以降の深夜帯を「大改革」して、新たなバラエティー枠「スーパーバラバラ大作戦」の新設などが目玉となる。榊原誠志総合編成部長は、「深夜帯は20年ぶりの大改革。若手クリエーターのチャレンジングな企画をお送りしていきます」と語った。

 「深夜帯の大改革」によって、月~水曜の午後11時~深夜0時台に新たなバラエティー枠「スーパーバラバラ大作戦」が新設され、月~木曜の深夜0時45分~同1時20分台に新番組「お願い!ランキング presents そだてれび」がスタート。月~木曜の深夜1時26分~同1時56分にリアルイベントとの連動を目指す「メディアシティゾーン」が新設される。

 「スーパーバラバラ大作戦」では、30分のバラエティー番組を、月~水曜で各曜日3本ずつ、計9本の番組をラインアップする。「激レアさんを連れてきた。」(月曜午後11時15分)、「ロンドンハーツ」(火曜午後11時15分)、「刺さルール!」(火曜深夜0時15分)、「キョコロヒー」(水曜深夜0時15分)はそのまま継続。「ハマスカ放送部」(木曜深夜2時16分)が月曜深夜0時15分、「有吉クイズ」(月曜深夜0時15分)が火曜午後11時45分、「かまいガチ」(木曜深夜0時15分)が水曜午後11時15分、「NEWニューヨーク」(木曜深夜1時56分)が水曜午後11時45分にそれぞれ“昇格”する。

 「お願い!ランキング presents そだてれび」は、放送中の「お願い!ランキング」(月~木曜深夜0時50分)をリニューアル。番組コンセプトは「育成」で、テレビ朝日社内からのクリエーター発掘や育成を目的とし、部署、経験、年齢を問わず社員約1300人を対象に、バラエティー、ドキュメンタリー、ドラマ、アニメなどさまざまなジャンルで企画を募集。若手から中堅社員を中心に寄せられた約300の企画から、社内審査を通過した作品を放送する。

 「メディアシティゾーン」は、放送中の「超人女子戦士ガリベンガーV」(土曜深夜0時35分)が木曜深夜1時26分に枠移動したことにより、放送中の「music る TV」(月曜深夜1時26分)、「フリースタイルティーチャー」(火曜深夜1時26分)、「Break Out」(水曜深夜1時26分)と合わせて、リアルイベントとの連動を目指す枠として新設された。

テレビ 最新記事