機動警察パトレイバー:「パトレイバー塾」第3回は「正しいレイバーの使い方」 未来都市構想も

「機動警察パトレイバー」のウェブセミナー「パトレイバー塾」の第3回のイメージ
1 / 4
「機動警察パトレイバー」のウェブセミナー「パトレイバー塾」の第3回のイメージ

 アニメなどが人気の「機動警察パトレイバー」を通じて、社会環境に関する事象をアカデミックかつ専門的に取り上げるウェブセミナー「パトレイバー塾」の第3回が4月9日、ウェブサービス「Fabeats」で配信されることが分かった。第3回のテーマは「正しいレイバーの使い方」で、グローバルな建設機械メーカー日立建機の広報・IR部担当部長の小俣貴之さんが登場し、劇中のシーンも参考に実世界での歩行式作業機械・レイバーの使い方を考える。

 「レイバーからのアプローチで見る未来都市構想」「現場でのレイバーの使い方/使われ方」「人が減った(人口減)現場でのレイバーの活躍」「レイバーの小型化」などがトピックとなる。

 「パトレイバー塾」は、年4回を予定しており、都市、AI、ロボット工学、機械工学、警察機構などに関するウェブセミナーを企画する。

 「機動警察パトレイバー」は、レイバーが実用化された近未来を舞台に、レイバー犯罪に立ち向かう警視庁の特科車両二課中隊(特車二課)の活躍や泉野明ら隊員の日常を描いた作品。1988~94年にマンガ誌「週刊少年サンデー」(小学館)でゆうきまさみさんのマンガが連載されたほか、1989~90年にはテレビアニメも放送されたほか、押井守監督が手がけた劇場版アニメも人気を集めた。

写真を見る全 4 枚

アニメ 最新記事