ミステリと言う勿れ:北村匠海“ジュート” ツインテ×地雷メークの破壊力! メガネ学芸員から変貌「意味分からんぐらい可愛いな」(ネタバレあり)

連続ドラマ「ミステリと言う勿れ」第11話の一場面(C)田村由美/小学館 (C)フジテレビジョン
1 / 3
連続ドラマ「ミステリと言う勿れ」第11話の一場面(C)田村由美/小学館 (C)フジテレビジョン

 俳優の菅田将暉さん主演のフジテレビ系“月9”ドラマ「ミステリと言う勿(なか)れ」(月曜午後9時)の第11話が3月21日に放送された。俳優の北村匠海さんが「平成の切り裂きジャック」と呼ばれた凶悪犯・羽喰玄斗(千原ジュニアさん)の息子・十斗/ジュート役で初登場。はじめはメガネをかけた学芸員として登場したが、クライマックスでは、“地雷メーク”をほどこしたツインテール姿も見せ、視聴者を驚かせた。

 ◇以下、ネタバレがあります。

 第11話では、連続殺人事件が発生。3人目の遺体から被害者本人のものではない血液が検出される。DNA鑑定の結果、羽喰玄斗による連続婦女暴行殺人事件の17人目の被害者で、22年前に殺された辻十岐子の血液と一致する。

 さらに横田留美(夏子さん)という女性が、4人目の被害者になる。留美のスマホからは我路(永山瑛太さん)の指紋が発見され、風呂光(伊藤沙莉さん)は我路が立ち寄っていた寄木細工ミュージアムに向かう。風呂光は、ミュージアムで辻浩増(つじ・ひろまさ、北村匠海さん)という学芸員から話を聞くことになったが、実は辻こそが玄斗の息子・十斗/ジュートだった。

 後日、辻は刑事の猫田(松本若菜さん)を呼び出し、刃物で刺す。その後、女装をしてから猫田を運ぶ“作業”にあたったのだった。SNSでは「破壊力がすごい」「北村匠海くんのツインテールが見られるとは!」「北村匠海の地雷メイクにツインテールは意味分からんぐらいに可愛いな」「北村匠海をツインテ女装かつ猟奇的な役に抜てきしたことには拍手を送りたい」と盛り上がった。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画