鎌倉殿の13人:義円は心がきれいすぎた? 義経にそそのかされ、戦で散る 成河「喜びの中で妄信してしまった」

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で義円を演じた成河さん (C)NHK
1 / 1
NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で義円を演じた成河さん (C)NHK

 俳優の小栗旬さんが主演を務めるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(総合、日曜午後8時ほか)第11回「許されざる嘘(うそ)」が3月20日に放送され、成河(そんは)さん演じる頼朝(大泉洋さん)の異母弟・義円の“最期”が描かれた。

 義円は頼朝の異母弟で義経(菅田将暉さん)の同母兄。平治の乱後に園城寺へ入るが、兄・頼朝が挙兵すると京から駆けつける。

 第11回では 頼朝の新たな御所が鎌倉に完成。坂東武者に平家の旧領を恩賞として与えるなど着々と体制が整えられ、義時(小栗さん)も慌ただしい日々を送る。一方、都では平清盛(松平健さん)が敵対勢力の掃討に乗り出し、その苛烈さに人々が恐れおののく。そんな中、平家討伐を焦る義経は……と展開した。

 義円は義経に言葉巧みにたきつけられ、頼朝の叔父・行家(杉本哲太さん)と平家を討つため出立するも、墨俣川の戦いで命を落とす。京で世話になった行家への恩義を捨てられなかった義円と、義円が頼朝に宛てた文を勝手に破り捨てた義経が対象的に描かれ、SNSでは、「ぎえーーーーーん」「ぎゃあああああああ義円さんーー」「義円……」と悲しみの声が上がったほか、「義経のせいで義円が逝ってしまった」「義円さん、心がきれいすぎた」といった感想も多かった。

 義円役の成河さんは、ドラマの公式ツイッターで「義円は義経に対しても、疑うことなんてはなからなかったでしょうし、とても感謝していたし、とても全員の兄弟を尊敬していたでしょうかし、そういう心の機微に気付けなかったぁと思います」と推し量る。

 “そそのかす義経”については「名前を付けてしまうと、それは孤独からくる嫉妬なのか、承認欲求なのか分からないですけど、すごく現代的な感覚なんだなって思ったりしましたね」と理解し、「実際に義経がどうだったのかというのは、いろいろ思いをはせますけれども、戦略にしても、戦への考え方にしても、少し人より進んだ、進みすぎた部分ってあったじゃないですか。その感性的な部分も、もしかしたらすごく現代の人間に通ずるものがあったりしたのかな。それが孤独の中で自然と培われていったのかな、というようなことを思いましたけどね」としみじみと語ってみせた。

 それでも義円は兄弟に囲まれた時間を過ごして「うれしかったんだろうと思う」とした上で結果、墨俣川の戦いで命を落としたことについては、「ある種ちょっと浮かれてしまった部分もあったり、ある種信じすぎてしまった部分もあったり、そこは義経は一人ずっとクールだったということだと思うので、喜びの中で妄信してしまった、というところなんじゃないでしょうか」と話した。

 「鎌倉殿の13人」は61作目の大河ドラマ。脚本は、2004年の「新選組!」、2016年の「真田丸」に続き3度目の大河ドラマ執筆となる三谷幸喜さんで、後の鎌倉幕府の二代執権・北条義時が主人公。野心とは無縁だった若者が、いかにして武家の頂点に上り詰めたのかを描く、予測不能のエンターテインメント作だ。

テレビ 最新記事