幾田りら:YOASOBIの“ikura”、初の連ドラ主題歌 「驚きと喜びと、使命感とワクワク」 “火10”「持続可能な恋ですか?」

4月19日スタートの連続ドラマ「持続可能な恋ですか?~父と娘の結婚行進曲~」で主題歌を務める幾田りらさん
1 / 1
4月19日スタートの連続ドラマ「持続可能な恋ですか?~父と娘の結婚行進曲~」で主題歌を務める幾田りらさん

 ユニット「YOASOBI」のボーカル・ikuraさんとしても活動する幾田りらさんが、女優の上野樹里さん主演の連続ドラマ「持続可能な恋ですか?~父と娘の結婚行進曲~」(TBS系、火曜午後10時)の主題歌を担当することが3月26日、明らかになった。タイトルは「
レンズ」で、幾田さんが本作のために書き下ろした。「連続ドラマの主題歌を担当させていただくことが人生において今回が初めてなので、驚きと喜びと、使命感とワクワクでいっぱいです」と話している。

 ドラマは、「ダメな私に恋してください」「あなたのことはそれほど」「初めて恋をした日に読む話」などの吉澤智子さんが脚本を手掛けるオリジナルラブストーリー。ヨガインストラクターの主人公・沢田杏花(上野さん)が、2人暮らし生活をする父・林太郎(松重豊さん)と共に“ダブル婚活”に挑む姿を描く。

 幾田さんは「『持続可能な恋ですか?』の台本をいただき、読み進めていく中で、『大切な人を思う気持ち』を改めてじっくり咀嚼(そしゃく)して、考えていました。そうしてたくさんの時間を写真で振り返ってみたとき、切り取られたどの景色どの瞬間にも、そこには大切な人の姿と、レンズ越しに投影された思いがありました。そこに映し出された感情を一枚一枚、拾い集めるように『レンズ』という曲を書き上げました」と語り、「ドラマのストーリーと、聞いてくださる方自身のストーリーをつなぐ楽曲になっていってくれたら幸いです」とコメントを寄せた。主題歌が流れるドラマの新しいダイジェスト映像も公開された。

 また、先日公開された予告動画では、「パパパパーン」のフレーズでおなじみの「結婚行進曲」を歌う女性の声が流れていたが、同曲を歌っていたのが幾田さんであることも明かされた。ドラマの公式ツイッターでは、ハッシュタグ「#パパパパーン予想」と共に「実は歌声にもヒミツが…」と投稿されており、「この歌声は一体誰なのか?」と話題になっていた。

 「持続可能な恋ですか?~父と娘の結婚行進曲~」は4月19日スタート。初回は15分拡大で放送される。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る