新テニスの王子様 U-17 WORLD CUP:関智一がギリシャ代表“全員”担当 1人7役を快演! 「夢なら覚めてほしい」

「新テニスの王子様 U-17 WORLD CUP」のギリシャ代表のPVの一場面(C)許斐 剛/集英社・NAS・新テニスの王子様プロジェクト
1 / 14
「新テニスの王子様 U-17 WORLD CUP」のギリシャ代表のPVの一場面(C)許斐 剛/集英社・NAS・新テニスの王子様プロジェクト

 許斐剛(このみ・たけし)さんの人気テニスマンガが原作のアニメ「テニスの王子様」の約10年ぶりとなるテレビシリーズ「新テニスの王子様 U-17 WORLD CUP」で、声優の関智一さんがギリシャ代表の7人のキャラクター全員を一人で演じることが分かった。関さんがギリシャ代表の主将、ゼウス・イリオポウロスを演じることは発表されていたが、ほかの6人のキャラクターも含め7役を担当することが明らかになった。ギリシャ代表を紹介するPVもYouTubeで公開され、関さんが1人7役の演じ分けを披露している。

 関さんが演じるのは、ギリシャ代表の主将・ゼウス、パワープレーヤーのタラッタ・ヘラクレス、ゼウスの参謀的存在のヘルメス・クネリス、ギリシャ哲学的なテニス戦術を用いるバルカン・ラエルティオス、ギリシャの若きホープのパパドプーロス・エヴァゲロス、残忍なプレースタイルが特徴のアポロン・ステファノプロス、アポロンの弟、オリオン・ステファノプロスの7人のキャラクター。

 関さんは「どんな役だろうと資料を見てビックリ(笑い)。まさかチーム全員1人で演じることになるとは! 夢なら覚めてほしいと思いました(笑い)。しかしせっかくいただいた機会なので、精いっぱい楽しんで演じたいと思います!」とコメントを寄せている。

 「新テニスの王子様 U-17 WORLD CUP」は、2012年に放送された「新テニスの王子様」以来のテレビシリーズで、2014年にリリースされたOVA(オリジナル・ビデオ・アニメ)シリーズ「新テニスの王子様 OVA vs Genius10」の後の物語が描かれる。川口敬一郎さんが監督を務め、スタジオKAI、M.S.Cが制作する。7月からテレビ東京ほかで放送される。

 「テニスの王子様」は、「週刊少年ジャンプ」(集英社)で1999~2008年に連載されたマンガ。テニスの天才少年・越前リョーマが青春学園のテニス部で頭角を現し、ライバル校との戦いを通じて成長していく姿が描かれた。2009年から「ジャンプSQ.(スクエア)」(同)で新シリーズ「新テニスの王子様」が連載中。

 テレビアニメ「テニスの王子様」が2001年10月~2005年3月、「新テニスの王子様」が2012年に放送された。フル3DCGの新作劇場版アニメ「リョーマ!The Prince of Tennis 新生劇場版テニスの王子様」(神志那弘志監督)が2021年9月に公開されたことも話題になった。

写真を見る全 14 枚

アニメ 最新記事