石田スイ:「東京喰種」白カネキ&マーベル“闇のヒーロー”ムーンナイト描き下ろし 特別ビジュアル公開

石田スイさんが描き下ろした「ムーンナイト」の特別ビジュアル(C)2022 Marvel (C)石田スイ/集英社
1 / 3
石田スイさんが描き下ろした「ムーンナイト」の特別ビジュアル(C)2022 Marvel (C)石田スイ/集英社

 マーベル作品の“闇のヒーロー”ムーンナイトが主人公の連続ドラマ「ムーンナイト」の特別ビジュアルが4月14日、公開された。人気マンガ「東京喰種トーキョーグール」シリーズで知られる石田スイさんが、ムーンナイトと、「東京喰種トーキョーグール」の主人公のカネキこと金木研を描き下ろした。闇のヒーローのムーンナイトと、半喰種(グール)となり闇に生きるカネキが共演した。

 「ムーンナイト」は、混在する複数の人格を持つ闇のヒーロー、ムーンナイト(オスカー・アイザックさん)の活躍が描かれる。優しい心を持つ穏やかな男、スティーブン・グラントは、自身の中にある“凶暴で残虐性に満ちた”人格マーク・スペクターに支配され、闇のヒーロー・ムーンナイトが誕生する……というストーリー。

 特別ビジュアルは、純白のスーツをまとったムーンナイトと、白髪のカネキが描かれ、「白い狂気を、身に纏(まと)え」というコピーが添えられている。石田さんは特別ビジュアルについて「『東京喰種』のカネキと並べて描かせていただきました。興味のある分野の知識をため込んでいて、自分の世界観を持っているけど、うだつの上がらない感じ。スティーブンとカネキの似ているところかもしれません」と話している。

 石田さんは、マーベル作品について「『MARVEL VS. CAPCOM』というカプコンがつくった格闘ゲームを友達とやったのが初めて触れ合ったマーベルの文化です」と振り返り、「ムーンナイト」について「ダークな世界観、美しい映像と“睡眠障害”や、“狂気”というキーワードにとてもひかれました。スター・ウォーズに出演していたオスカー・アイザックが演じるスティーブンがどんなヒーローになるのか。とても楽しみです」とコメント。

 ドラマ「ムーンナイト」を視聴したという石田さんは「もしかしたらマーベルヒーローの中で一番好きになるかも……と思いました。スピード感のあるアクション、ヒーローと呼ぶには泥臭いバイオレンスシーン、作品のもつダークな魅力を存分に感じました。主人公スティーブンの悲哀をはらんだコミカルなキャラクターもとても好み。続きを見るのが楽しみな作品ができました!」と話している。

 「ムーンナイト」は、ディズニーの公式動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」で毎週水曜午後4時に配信中。

写真を見る全 3 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画