古谷徹:降谷零(安室透)は「可能性を広げてくれたキャラクター」 「名探偵コナン ハロウィンの花嫁」イベント

「名探偵コナン ハロウィンの花嫁」の公開記念舞台あいさつに登場した古谷徹さん
1 / 16
「名探偵コナン ハロウィンの花嫁」の公開記念舞台あいさつに登場した古谷徹さん

 人気アニメ「名探偵コナン」の劇場版第25作「名探偵コナン ハロウィンの花嫁」(満仲勧監督)の公開記念舞台あいさつが4月16日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(東京都港区)で行われ、降谷零/安室透役の古谷徹さんが登場した。古谷さんは、自身にとって降谷零は「可能性を広げてくれるキャラクターだったと思います」と思いを語った。

 古谷さんは、降谷を演じるようになり、自身のツイッターのフォロワーが倍増したといい、「そのおかげでできることが増えました。念願だった自分のアパレルブランドを立ち上げることができた。今回は『名探偵コナン』とのコラボ商品をリリースすることもできた」と話した。この日、着用していたTシャツもコラボ商品で「絶賛予約受け付け中です」と冗談めかしてアピールし、笑いを誘った。

 イベントには、江戸川コナン役の高山みなみさん、毛利蘭役の山崎和佳奈さん、オリジナルキャラクターのエレニカ役の白石麻衣さんが登場した。

 「ハロウィンの花嫁」は、渋谷を舞台に、未曽有の大事件が発生する。メインキャラクターとして降谷零と警視庁警察学校鬼塚教場での同期であり、既に過去の事件で殉職をしている警察学校組の松田陣平、萩原研二、諸伏景光、伊達航が躍動。高木渉刑事と佐藤美和子刑事の恋模様も描かれる。

 「名探偵コナン」は、江戸川コナンが次々と起こる難事件を解決する姿を描いた青山剛昌さんのマンガで、1994年に「週刊少年サンデー」(小学館)で連載をスタート。テレビアニメが1996年から放送されている。コミックスの全世界累計発行部数は2億5000万部以上。

写真を見る全 16 枚

アニメ 最新記事