悪女(わる):TikTokの初動再生回数が日テレGP帯ドラマ歴代1位に “麻理鈴”今田美桜と“峰岸さん”江口のりこの掛け合い人気

TikTok公式アカウントで公開されている「悪女(わる) ~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~」の動画から=日本テレビ提供
1 / 2
TikTok公式アカウントで公開されている「悪女(わる) ~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~」の動画から=日本テレビ提供

 女優の今田美桜さん主演で放送中の連続ドラマ「悪女(わる) ~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~」(日本テレビ系、水曜午後10時)のTikTok(ティックトック)公式アカウントで公開されている動画の総再生回数が500万回を突破し、同局のゴールデン・プライム帯(GP帯、午後7~11時)のドラマで歴代1位の初動を記録したことが4月21日、明らかになった。

 すでに40本以上の動画が公開されているが、甘える田中麻理鈴(今田美桜さん)と冷たい峰岸雪(江口のりこさん)が掛け合いをする動画が人気で、視聴者からは「このコンビ大好き」「なんだかんだいって仲良し設定ですね」などの声が上がっている。

 ドラマは、女性向けマンガ誌「BE・LOVE」(講談社)で1988~97年に連載された深見じゅんさんの「悪女(わる)」が原作。1992年に石田ひかりさん主演で実写化されて以来、30年ぶりの再ドラマ化だ。大手IT企業の窓際部署に配属された麻理鈴が、クセ者社員らの抱える問題にぶつかりながら、出世の階段を駆け上がる姿を描く。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事