小沢真珠:土屋太鳳に敵意向ける愛人役 「やんごとなき一族」で2年ぶりフジ連ドラ出演

連続ドラマ「やんごとなき一族」第2話に出演する小沢真珠さん (C)フジテレビ
1 / 2
連続ドラマ「やんごとなき一族」第2話に出演する小沢真珠さん (C)フジテレビ

 女優の小沢真珠さんが、土屋太鳳さん主演の連続ドラマ「やんごとなき一族」(フジテレビ系、木曜午後10時)第2話(4月28日放送)に出演することが4月21日、明らかになった。物語の舞台となる深山家の当主・圭一(石橋凌さん)の愛人のジュエリーデザイナー・葛西綾(かさい・あや)を演じる。小沢さんが同局の連続ドラマに出演するのは、2020年に放送された「ルパンの娘(シーズン2)」以来、2年ぶり。

 4月21日スタートの「やんごとなき一族」は、マンガ誌「Kiss」(講談社)で連載中のこやまゆかりさんの同名マンガが原作。庶民の家庭から上流社会の一家に嫁ぐことになった主人公・篠原佐都(土屋さん)の奮闘を描く。

 小沢さん扮(ふん)する綾は、圭一との関係が10年以上続いていて、外では圭一を「主人」と呼ぶ。綾の自宅やアトリエは、圭一に買い与えられたもので、生活費の面倒も見てもらっている。妻の久美(木村多江さん)をはじめとする家族に存在を知られているが、黙認されてきた。綾にとって、愛人の存在に否定的な佐都は気に入らない存在で、敵意を向ける。

 小沢さんは、「現場の雰囲気が明るく、バトルシーンでも和やかでした。逆にそれが怖いシーンになっている気がします。今回は初体験のシーンにチャレンジしました。皆さん楽しみにしていてください」とコメントしている。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る