新川優愛:ドリカム曲題材ドラマ「TRUE, BABY TRUE.」で主演 話題の女優・斎藤さららも

ドラマ「TRUE, BABY TRUE.」の出演者ら (C)2022 東北新社
1 / 2
ドラマ「TRUE, BABY TRUE.」の出演者ら (C)2022 東北新社

 女優の新川優愛さんが、今夏にBS10 スターチャンネルで放送されるドラマTRUE, BABY TRUE.」に主演することが4月24日、明らかになった。同作は、楽曲を映像化するスターチャンネル初のオリジナルドラマプロジェクトの第1弾「5つの歌詩(うた)」の1編で、時空を超えても深い絆でつながる親子の愛を描く。

 「5つの歌詩」は、音楽ユニット「DREAMS COME TRUE(ドリカム)」の楽曲「何度でも」「マスカラまつげ」「空を読む」「TRUE, BABY TRUE.」に加え、書き下ろしの新曲を、脚本監修の岡田惠和(よしかず)さんらによりドラマ化する。

 新川さんは「TRUE, BABY TRUE.」で、未来にタイムスリップし、息子と出会う主人公・桜田美月を演じる。「いろいろな方に愛されているドリカムさんの曲をドラマ化というのは、すごくわくわくしましたし、うれしいなと思いました」とコメント。「親子という関係でなくても、今近くにいる大切な人に『ありがとう』と伝えたくなるような、温かいお話になっていると思います」と語っている。

 望月歩さん、笠原秀幸さん、加部亜門さんの出演も発表。望月さんは美月の息子・陽翔、笠原さんは美月の夫・直樹、加部さんは陽翔の大学の友人・矢田部佑真をそれぞれ演じる。

 さらに、2021年にグリーン住宅ポイント制度(一般社団法人住宅リフォーム推進協議会)の広告動画に起用され、話題となった女優の斎藤さららさんが、陽翔の大学の友人・中野一華役で登場する。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事