桂正和:画業40周年展覧会 「ウイングマン」「電影少女」「タイバニ」美麗イラスト 「ZETMAN」“ヘッド”初展示

桂正和さんの画業40周年を記念した展覧会「40th Anniversary 桂正和~キャラクターデザインの世界展~」の様子
1 / 23
桂正和さんの画業40周年を記念した展覧会「40th Anniversary 桂正和~キャラクターデザインの世界展~」の様子

 「ウイングマン」「電影少女」などで知られるマンガ家の桂正和さんの画業40周年を記念した初となる大規模展覧会「40th Anniversary 桂正和~キャラクターデザインの世界展~」が4月27日からサンシャインシティ文化会館ビル(東京都豊島区)で開催される。開催に先駆け、26日、プレス向けの内覧会が行われ、展示がお披露目された。桂さんの作品のヒロインやヒーローたちの美しいイラスト、桂さんがキャラクターデザインを手がけた人気アニメ「TIGER & BUNNY(タイバニ)」シリーズのキャラクターデザイン画、コラボイラストなど40年の画業をたどる約200点の展示物が一堂に会した。

 展示スペースは、「水色の世界」「黒色の世界」「緑色の世界」「黄緑とピンク色の世界」「白色の世界」と五つのコーナーに分かれている。「水色の世界」は、桂さんの作品を彩るヒロインたちのコーナーで、「ウイングマン」のアオイ、「電影少女」の天野アイ、「I”s」の葦月伊織などのイラストが並ぶ。

 続く「黒色の世界」は、「ウイングマン」「超機動員ヴァンダー」、「D・N・A2 ~何処かで失くしたあいつのアイツ~」「ZETMAN」のイラストが展示されるヒーローのコーナーだ。桂さんの私物という「ウイングマン」のヘッドのオブジェも展示。初展示となる「ZETMAN」のヘッドのオブジェもお披露目された。

 「緑色の世界」には、実写ドラマ「I”s」「電影少女」の衣装やドラマのために描き下ろした衣装デザインが並ぶ。人気コスプレーヤー・えなこさんが写真集で着用した「Enako’sスーツ」もデザイン画と共に展示される。

 「白色の世界」は、マンガ作品以外のデザイン画、イラストが並ぶ。実写ドラマ「I”s」に出演した白石聖さん、「電影少女」に出演した西野七瀬さんのイラストや、人気アパレルブランドとのコラボイラスト、アニメ「DOUBLE DECKER! ダグ&キリル」「牙狼 -紅蓮ノ月-」のキャラクターデザインなどが展示される。マンガ誌「ヤングジャンプ」(集英社)の企画として桂さんが描き下ろした女優の白石麻衣さん、アイドルグループ「乃木坂46」の齋藤飛鳥さん、山下美月さんのイラストも見どころの一つとなっている。

 「黄緑とピンク色の世界」は、「タイバニ」コーナーとなる。アニメのブルーレイディスク用に描き下ろされたイラスト、キャラクターのフィギュアのほか、新作アニメ「TIGER & BUNNY 2」のキャラクターデザイン資料が展示される。デザイン画には、桂さんの手書きのコメントも添えられており、こだわりが垣間見える。展示の締めくくりは、ワイルドタイガー、バーナビー・ブルックスJr.の迫力あるヒーロースーツ。美しいイラスト、デザイン画、衣装などさまざまな角度から桂さんの40年の画業を振り返る展覧会となっている。

 展示会は4月27日~5月8日にサンシャインシティ文化会館ビルで開催。開催時間は午前10時~午後6時。チケット価格は1500円。数量限定で抗菌マルチケース付き入場券も販売する。価格は2000円。

写真を見る全 23 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る