滝川英治:ドラマ撮影中に負った「脊髄損傷」 過酷なリハビリ「徹子の部屋」で語る いとこ滝川クリステルの手紙に号泣

4月27日放送の「徹子の部屋」に出演する滝川英治さん=テレビ朝日提供
1 / 3
4月27日放送の「徹子の部屋」に出演する滝川英治さん=テレビ朝日提供

 フリーアナウンサーの滝川クリステルさんのいとこで、俳優の滝川英治さんが、4月27日午後1時から放送される黒柳徹子さんの長寿トーク番組「徹子の部屋」(テレビ朝日)に出演する。2017年、自転車競技が題材のドラマ撮影中に事故に遭い、「脊髄(せきずい)損傷」の大けがを負った滝川さんは、過酷なリハビリ生活を語る。

ウナギノボリ

 事故後、大阪の両親から実家に帰るよう説得されたが「一生家族に甘えて暮らすことはできない」と1人で暮らすことを選択。しかし、1人暮らしを始めた矢先に父が急死し、自分のことで心労がたたったのではないかと、今も悔やんでいるという。

 いとこのクリステルさんは事故直後、病院に駆けつけ、何度も見舞いに来て励ましてくれたという。スタジオには、闘病の苦悩も知っているクリステルさんから手紙が届く。黒柳さんが代読すると、滝川さんは号泣する。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画