西島秀俊:「シン・ウルトラマン」 「子供たちに見てほしい」 記憶に深く刻まれる作品に

「シン・ウルトラマン」の完成報告会に登場した西島秀俊さん
1 / 1
「シン・ウルトラマン」の完成報告会に登場した西島秀俊さん

 庵野秀明さんが企画・脚本を担当し、樋口真嗣さんが監督を務める特撮ドラマ「ウルトラマン」の映画「シン・ウルトラマン」(5月13日公開)の完成報告会が5月2日、セルリアンタワー東急ホテル(東京都渋谷区)で行われ、主人公の神永新二役の斎藤工さん、禍特対(カトクタイ)の班長・田村君男役の西島秀俊さんらが登場した。西島さんは同作について「子供のころに『ウルトラマン』を見ていた人は大興奮する」とした上で「今の子供たちにぜひ見てもらいたい」と思いを語った。

 西島さんは「間違いなく子供たちの人生の記憶に深く刻まれる作品になっている」と魅力を語り、「エンターテインメントとして面白い。ただ、すごくテーマは奥深くて、個人的にはとにかく子供たちに見てもらいたい。僕が子供のころに『ウルトラマン』を見てそこで何かつかんだものをずっと持って育ったように、今の子供たちに『シン・ウルトラマン』を見てもらって、いろいろなものを感じ取って、それと共に育ってほしいなと思います」と話した。イベントには、樋口監督、出演者の長澤まさみさんも登場した。

 「シン・ウルトラマン」は、2016年公開の大ヒット映画「シン・ゴジラ」を手がけた庵野さん、樋口さんが再びタッグを組む。次々と巨大不明生物・禍威獣(カイジュウ)が現れ、その存在が日常となった日本が舞台。日本政府は禍威獣対策のスペシャリストを集結し、禍威獣特設対策室専従班、通称・禍特対を設立。禍威獣の危機が迫る中、大気圏外から突如銀色の巨人が現れる……という展開。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る