M・A・O:「阿波連さんははかれない」 “大きいけど小動物”大城さんを繊細に 距離感は「近づいた後がはかれない」

「阿波連さんははかれない」の大城みつき役のM・A・Oさん
1 / 5
「阿波連さんははかれない」の大城みつき役のM・A・Oさん

 集英社のマンガアプリ「少年ジャンプ+(プラス)」で連載中の水あさとさんの青春ラブコメディーマンガが原作のテレビアニメ「阿波連(あはれん)さんははかれない」。同作でメインキャラクターの阿波連れいなの幼なじみの“大城さん”こと大城みつきを演じるのが、人気声優のM・A・Oさんだ。大城さんは大柄で極度の恥ずかしがり屋というキャラクター。M・A・Oさんは「大城さんは、大きいのに小動物感がある可愛らしい女の子。とても臆病ですが、大好きな阿波連さんのために頑張っているところを大事に演じさせていただきました」と語る。演技のこだわり、自身の人との距離感の「はかり方」について聞いた。

 ◇怖いけど頑張る! ライドウくんに威圧感 阿波連さんにはことさら優しく

 「阿波連さんははかれない」は、とある高校に通う小柄で物静かな阿波連れいな、隣の席に座る男子・ライドウの“はかれない”日常を描く青春ラブコメディー。2017年1月に連載をスタートし、総閲覧数が1億2000万回を突破するなど人気を集めている。アニメは、水瀬いのりさんが阿波連さん、寺島拓篤さんがライドウを演じるほか、柿原徹也さん、楠木ともりさん、花澤香菜さんらが出演する。4月からMBS・TBSほかの深夜アニメ枠「アニメイズム」で放送中。

 M・A・Oさんは原作の魅力を「優しい世界」と表現する。

 「阿波連さんとライドウくん、大城さんやほかのキャラクターたちもみんな個性豊かで、優しい人物ばかりです。画(え)の柔らかいタッチも相まって、本当にすてきな世界だなと、温かい気持ちになりました」

 そんな優しい世界に登場する個性的なキャラクターの一人が大城さんだ。大城さんは、常日ごろ、大好きな阿波連さんを見守り、尾行しており、ライドウくんから「それ、ストーカーじゃね?」と突っ込まれるようなキャラクターだ。ライドウに対しても「阿波連さんをだます悪い人」と勘違いしており、必死に阿波連さんを守ろうとする。

 「大城さんはギャップがあるところが魅力的ですね。照れ屋で臆病ですが、行動はとても大胆で、大きいのに小動物感がある可愛らしい女の子だなと思いました」

 演じる上では「とても臆病ですが、大好きな阿波連さんのために頑張っているところ」を大事にした。

 「ただ、頑張っている!という部分が出過ぎて強くならないように。阿波連さんのために頑張るけど、やっぱり怖い……!という感じで、『怖い』が頑張る気持ちより勝るように、だんだんボソボソとしゃべるイメージで演じさせていただきました」

 大好きな阿波連さんに対する話し方とライドウくんに対する話し方も「微妙なニュアンス」で違いを表現したという。

 「ライドウくんに対しては、『阿波連さんを守らなければ』と思っているので、大城さん自身は気付いていない程度の威圧感を出せるように。阿波連さんに対しては、背が高いがゆえの威圧感を与えない、優しく柔らかいニュアンスを心がけました」

 さらに、ライドウくんの妄想の中で登場する大城さんを演じる場面もあり、「ライドウくんの想像力が本当に豊かで、誇張された大城さんを楽しく演じさせていただきました!」と笑顔を見せた。

 ◇M・A・Oも「はかれない」? 大城さんの行動力がうらやましい

 「阿波連さんははかれない」は、相手との距離感をはかるのが苦手な阿波連さんの学校生活がコミカルに描かれる。M・A・Oさん自身は、距離感を「はかれる」タイプなのか聞いてみた。

 「中学、高校でもクラスメートの下敷きやストラップを見て、共通の話題を話せる人を探して、そろりそろりと近づくような感じでした(笑い)。ただ、きっかけはつかめても、縮め方が分からず……。ちょっと近づいた後が『はかれない』です」

 「はかれない」一面もあるというM・A・Oさんは、大城さんをうらやましいとも感じるといい、「私は勇気がないゆえに、思いがあれど行動に移すことができないので、大城さんは照れ屋で怖がりなのに行動力があって尊敬します」と語る。

 「アニメでは、わたわた頑張る大城さんを見て、温かい気持ちになっていただけたらうれしいです。阿波連さんたちの青春を、ぜひ最後まで見守ってください!」

 M・A・Oさんが繊細な演技で表現した大城さんの頑張りを見守りたい。

写真を見る全 5 枚

アニメ 最新記事