悪女(わる):第4話 “麻理鈴”今田美桜が会社の125周年プロジェクトに参加 男女格差でチーム分裂?

連続ドラマ「悪女(わる) ~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~」第4話の一場面=日本テレビ提供
1 / 14
連続ドラマ「悪女(わる) ~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~」第4話の一場面=日本テレビ提供

 女優の今田美桜さん主演の連続ドラマ「悪女(わる) ~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~」(日本テレビ系、水曜午後10時)第4話が5月4日に放送される。予告映像には「出世の登竜門!? 周年プロジェクト」「男女格差でチームが分裂!?」などの文字が並ぶ。

 田中麻理鈴(今田さん)がマーケティング部へ異動してから3カ月。「そろそろ出世したい」ともくろむ麻理鈴は、先輩社員・峰岸雪(江口のりこさん)の差し金で、会社の125周年プロジェクトに参加する。仲の悪い小野忠(鈴木伸之さん)がリーダーと聞いた麻理鈴は表情を曇らせるが、周年プロジェクトは出世の登竜門と知って急にやる気になる。

 プロジェクトでは、小野の同期でエンジニア部の川端光(近藤春菜さん)の企画が進行。世界的ゲームデザイナー・鬼丸(冨永愛さん)とのコラボは川端の発案なのに、リーダーが小野という点に麻理鈴は違和感を抱く。だが、川端は「男性がリーダーのほうがうまくいく」と話す。

 「性別や年齢を設定しないアバターが自由に買い物をする空間を作成したい」と、川端に説明された鬼丸は企画に前向きな姿勢。その頃、峰岸が地下の備品管理室から姿を消す。山瀬修(高橋文哉さん)に峰岸が役員フロアにいたと聞かされた麻理鈴は「田中を置いていってしまったのか」とショックを受ける。

 小野が川端の企画意図を理解せずにアバターに性別や年齢を設定した「使いやすいサイト」に軌道修正すると、鬼丸は「つまらない」と企画を降板。「女性らしさ」「男性らしさ」という価値観にとらわれ続ける小野に我慢の限界を迎えた川端も降りる。麻理鈴は頼みの綱の峰岸に無視されてしまい……。

写真を見る全 14 枚

テレビ 最新記事