ちむどんどん:ニーニーに視聴者「終わりの始まり」 怪しい社長との接触に「これはヤバイ」「間違いなくやらかす」

NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」で竜星涼さんが演じる比嘉賢秀(右)(C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」で竜星涼さんが演じる比嘉賢秀(右)(C)NHK

 黒島結菜さんが主演するNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「ちむどんどん」(総合、月~土曜午前8時ほか)第17回が5月3日に放送された。同回では、無職生活に逆戻りしたヒロイン一家のトラブルメーカー、長男の賢秀(竜星涼さん)に、怪しい男・我那覇(田久保宗稔さん)が接触し、視聴者から不安の声が続出した。

 「ちむどんどん」は、2014年度後期の朝ドラ「マッサン」などの脚本家・羽原大介さんのオリジナル作品。2022年に本土復帰50年を迎える沖縄が舞台で、沖縄料理に夢をかけるヒロイン・暢子(黒島さん)たち4兄妹の笑いと涙の物語。

 以前、「コツコツ地道に働いてもたかが知れている。これからはバーンと契約を結んでドカ~ンと儲(もう)ける時代!」と豪語する賢秀の話に、聞き耳を立てていた我那覇。第17回では、再び「サンセットバーガー」に賢秀がいるところを、「そこのニーニー、いい面構えだな。大物になる顔だ。一杯おごらせてくれ」と話しかけてくる。

 我那覇の正体は、金融関係の仕事をしている実業家で、「我那覇商事」の社長だという。我那覇は、賢秀に名刺を渡すと、「ウイスキーの水割り飲んでみるか?」と気前のいいところを見せる。

 2人きりになると、「秘密守れるタイプだよな?」と顔を近づける我那覇。「人を見る目には自信がある」といい、「賢秀くんの輝かしい未来に乾杯!」と笑みを浮かべた。一方の賢秀も悪い気がしないようで、「乾杯!」と笑顔で返した。

 SNSでは「ヤバそうな社長に目を付けられた賢秀」「賢秀さん、終わりの始まり」「これはヤバイ」「間違いなくやらかす」などの声が続々と上がっていた。

テレビ 最新記事