乃木坂46与田祐希:地上波連ドラ初主演 “プラモ”ドラマ「量産型リコ」 第1話に量産型ザク

「量産型リコ -プラモ女子の人生組み立て記-」で主演を務める「乃木坂46」の与田祐希さん(C)「量産型リコ」製作委員会
1 / 2
「量産型リコ -プラモ女子の人生組み立て記-」で主演を務める「乃木坂46」の与田祐希さん(C)「量産型リコ」製作委員会

 アイドルグループ「乃木坂46」の与田祐希さんが、6月30日深夜からテレビ東京ほかで放送される連続ドラマ「量産型リコ -プラモ女子の人生組み立て記-」で主演を務めることが5月9日、分かった。与田さんは昨年配信されたウェブドラマ「最愛のひと~The other side of 日本沈没~」で主演を務めたことがあるが、地上波連続ドラマで主演を務めるのは初めて。

 「深夜ドラマ×プラモデル」をテーマとしたドラマで、サウナ、グルメ、キャンプなどさまざまな趣味をドラマの題材にしてきたテレビ東京が、今度はプラモデルを題材としたドラマを手がけることになった。ごく普通の女子の主人公が仕事、プライベートについて自問自答しながら、プラモデルとの出会いを通じて成長する姿を描く。さまざまなプラモデルが登場し、人気アニメ「ガンダム」シリーズのプラモデル(ガンプラ)などを展開するバンダイスピリッツが制作に協力した。第1話に量産型ザクが登場する。

 与田さんが演じる小向璃子(こむかい・りこ)は性格、容姿、好きなもの、センスや価値観などあらゆるものが平均的なタイプ。イベント企画会社に勤務し、会社の中でも“のほほん部署”と言われるイベント3部に所属している。ある日、同僚から言われた「量産型の人間」という言葉に自問自答してしまい、ふと町で見つけた模型店が気になり入ってみると、「量産型」と書かれた「機動戦士ガンダム」のザクに目が留まり、堅物店主に勧められるままに初めてのプラモデル作りに挑戦する。璃子は徐々にプラモデルの魅力にひかれていくことになる。

 与田さんは「今回演じさせていただく小向璃子は、情熱的に生きることよりも安定・平和を望み、特別な趣味や特技もないごく普通の、いわゆる量産型な女の子。私自身も共感できる部分が多く、これから璃子の人生を組み立てていく日々がとても楽しみです! プラモデルはまだ先日少し教えていただいたばかりで、璃子と同様、一からのスタートですが、役とともに好きになっていけるような気がしています。ガンダムやプラモデルが好きな方にもぜひ成長を見守っていただけたらうれしいです!」と話している。

 「お耳に合いましたら。」「八月は夜のバッティングセンターで。」などのオリジナルドラマを共に手掛けてきたテレビ東京と映像制作会社BABEL LABELが再びタッグを組み、「東京放置食堂」「歩くひと」「ムショぼけ」などのアベラヒデノブさんが監督を務める。

 テレビ東京の漆間宏一プロデューサーは、ドラマについて「プラモデルを作ってみると発見が多く、今までキャンプやサウナなど、趣味に関わる作品をお送りしてきたテレビ東京としても新鮮な題材です。今の時代、量産型というのはよい意味ですごく親しみがあると感じていて、昨夏の『八月は夜のバッティングセンターで。』や『お耳に合いましたら。』のスタッフと一緒にこの新しい挑戦を悩みながらも楽しんでおります」と説明。

 「主演の与田さんに初めて会った時に、璃子と似ている点が多く『バレてるのかと思った(笑い)』と言ってもらえて、安心と共に良いものをお届けできる自信にもなりました。テレ東深夜なりの夏のちょっぴり大人な青春ドラマで、視聴者の背中をほんの少し支えられるようなすてきな作品を目指しております。ぜひご期待ください!!」と話している。

 企画、原案、脚本の畑中翔太さんは「深夜ドラマ×プラモデルというなんともワクワクするオリジナルドラマが生まれました。バッティングセンターやポッドキャストなど、これまでテレビ東京さんとさまざまなテーマを物語にしてきましたが、自分自身も子供の頃に熱狂したプラモデルをテーマにしたドラマが作れるとは思っていませんでした。ただこの作品は“単なるプラモドラマ”にあらず、与田さん演じる主人公の璃子がプラモデルとの出会いを通じて、自身との向き合い方や周囲との関係性が少しずつ変化していく“ホビー・ヒューマンドラマ”です。璃子がプラモデルを組み立てていくように、自分の人生を組み立てていく小さな成長記にご期待ください!」とコメントを寄せている。

 テレビ東京の木ドラ24枠で6月30日から毎週木曜深夜0時30分に放送。

写真を見る全 2 枚

グッズ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る