おにぱん!:トップアイドル・のりりんの正体が明らかに 一寸法子が打ち出の小槌で変身 挿入歌「ときめき ワンダーランド」も

「おにぱん!」に登場するのりりん(左)と一寸法子(C)2022 おにぱん!製作委員会
1 / 7
「おにぱん!」に登場するのりりん(左)と一寸法子(C)2022 おにぱん!製作委員会

 「SPY×FAMILY」「進撃の巨人」などのWIT STUDIOが手がけるオリジナルテレビアニメ「おにぱん!」に登場する謎に包まれていたトップアイドル・のりりんの正体が明らかになった。正体は、一寸法師の子孫で中二病全開の少女・一寸法子(いっすんのりこ)で、法子が先祖から伝わる法具・打ち出の小槌(こづち)を使ってのりりんに変身していた。打ち出の小槌は時を操り使用者を成長させるアイテムで、のりりんは成長した一寸法子の姿だった。

 5月16日の放送では、のりりん/一寸法子役の富田美憂さんが歌う挿入歌「ときめき ワンダーランド」が流れた。富田さんは「ついに解禁になりました……! 一寸法子、そして、のりりんを演じさせていただいています、富田美憂です。『ときめき ワンダーランド』は、王道なアイドルソングながらも、どこか少し懐かしさも感じるようなとっても可愛い楽曲になっています。私が出せる最大限の可愛いをとにかく詰め込ませていただいているので、ぜひお楽しみください!」と話している。

 5月23日の放送からエンディングテーマが変更になることも発表された。新エンディングテーマのタイトルは「鬼ヤバッ!」で、メインキャラクターのおにっ子(鬼の子供)の声優を務める野崎結愛さん、根岸実花さん、野中ここなさんによるユニット「おにぱんず!」が歌う。「ときめき ワンダーランド」「鬼ヤバッ!」は、6月1日発売のシングル「おにパパパン!パン!」に収録される。

 「おにぱん!」は、鬼と人間が共に生きる世界を舞台に、鬼のイメージアップのため奮闘するおにっ子たちの物語。アイドルグループ「さくら学院」の元メンバーの野崎さんが好奇心旺盛なおにっ子のつつじ、「ちゃおガール2019☆オーディション」のグランプリの根岸さんがやんちゃでいたずらっ子なひまわり、さくら学院の元メンバーの野中さんがクールなようでズボラなつゆくさをそれぞれ演じる。「みなみけ」「ゆるゆり」などの太田雅彦さんが監督を務める。テレビ東京の朝の子供向けバラエティー番組「おはスタ」内で放送中。

写真を見る全 7 枚

アニメ 最新記事