映画興行成績:「シン・ウルトラマン」初登場首位 公開3日で興収9.9億円 「流浪の月」は5位、「バブル」は9位発進

映画「シン・ウルトラマン」のビジュアル(C)2022「シン・ウルトラマン」製作委員会(C)円谷プロ
1 / 1
映画「シン・ウルトラマン」のビジュアル(C)2022「シン・ウルトラマン」製作委員会(C)円谷プロ

 5月16日に発表された14、15日の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)によると、庵野秀明さんが企画・脚本を担当し、樋口真嗣さんが監督を務める特撮ドラマ「ウルトラマン」の映画「シン・ウルトラマン」が初登場で首位を獲得した。土日2日間で45万人を動員し、興行収入は約7億300万円を記録。5月13日の公開初日から3日間の累計では動員が64万人、興行収入が9億9300万円を突破し、今年公開の邦画実写映画ではナンバーワンのスタートとなった。2016年に公開され、興行収入約82億5000万円を記録した「シン・ゴジラ」との公開3日間対比でも、動員113.5%、興行収入117.2%となり、「シン・ゴジラ」を上回る好スタートを切った。

 初登場作品では、凪良ゆうさんのベストセラー小説を広瀬すずさんと松坂桃李さんのダブル主演で映画化した「流浪の月」(李相日監督)が5位にランクイン。ほかにも、アニメ「進撃の巨人」「SPY×FAMILY」などの荒木哲郎さんが監督を務め、「SPY×FAMILY」などのWIT STUDIOが制作する劇場版アニメ「バブル」が9位に登場した。

 累計では、今回2位の劇場版アニメ「名探偵コナン ハロウィンの花嫁」(満仲勧監督)が動員541万人、興行収入75億円、3位の「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」(サム・ライミ監督)が動員107万人、興行収入16億円を突破した。

 1位 シン・ウルトラマン
 2位 名探偵コナン ハロウィンの花嫁
 3位 ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス
 4位 映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝
 5位 流浪の月
 6位 死刑にいたる病
 7位 ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密
 8位 劇場版ラジエーションハウス
 9位 バブル
 10位 劇場版 Free!-the Final Stroke- 後編

アニメ 最新記事