山田涼介&有岡大貴:“ありやま”バディーで「anan」表紙 モノクロショットでモードな色気 互いの俳優業へのエールも

「Hey! Say! JUMP」の有岡大貴さん(左)と山田涼介さんが表紙を飾る「anan」2300号(C)マガジンハウス
1 / 1
「Hey! Say! JUMP」の有岡大貴さん(左)と山田涼介さんが表紙を飾る「anan」2300号(C)マガジンハウス

 人気グループ「Hey! Say! JUMP」の山田涼介さんと有岡大貴さんが、5月25日発売の女性誌「anan(アンアン)」(マガジンハウス)2300号の表紙を飾る。「ありやま」の愛称で親しまれる2人をモノクロで写し出したカットで、モードなスタイリングに身を包み、色気あふれる山田さんと有岡さんの姿が収められている。

 誌面のグラビアでは、メンバーとして15年間共に歩んできた2人ならではの“唯一無二のバディー感”を披露。タフで深みのある表情から、危うげな視線、“わちゃわちゃ”とした楽しげな姿まで、さまざまな顔を楽しめる。

 インタビューでは、山田さんと有岡さんがそれぞれ出演する映画「鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー/最後の錬成」(曽利文彦監督、5月20日・6月24日公開)、「シン・ウルトラマン」(樋口真嗣監督)の撮影裏話や、同誌の発売日にリリースされるトリプルA面シングル「a r e a/恋をするんだ/春玄鳥(はるつばめ)」について語る。対談では、2人が互いに俳優業へのエールを送る。

芸能 最新記事