宮澤佐江:10年ぶり「ウルトラマン」出演 新作「ウルトラマンデッカー」でカイザキ サワ副隊長に

「ウルトラマンデッカー」に出演する宮澤佐江さん(C)円谷プロ(C)ウルトラマンデッカー製作委員会・テレビ東京
1 / 3
「ウルトラマンデッカー」に出演する宮澤佐江さん(C)円谷プロ(C)ウルトラマンデッカー製作委員会・テレビ東京

 特撮ドラマ「ウルトラマン」シリーズの新作「ウルトラマンデッカー」にアイドルグループ「AKB48」の元メンバーで女優の宮澤佐江さんが出演することが5月19日、分かった。宮澤さんは、映画「ウルトラマンサーガ」(2012年)で地球防衛隊・チームUの特攻隊長を演じており、「ウルトラマン」シリーズに出演するのは約10年ぶり。「ウルトラマンデッカー」では、エキスパートチーム・GUTS-SELECTの対怪獣用戦闘艇・ナースデッセイ号のオペレーター兼チームの副隊長、カイザキ サワを演じる。

 宮澤さんが演じるカイザキ サワは、主人公・アスミ カナタら新人隊員にとって“お姉さん”的存在で、穏やかな性格の隊長に代わって厳しい言葉で指導する。宮澤さんは「10年ぶりにウルトラマンの世界に『副隊長』として戻って来ることができ、大変光栄です。しっかりした後輩隊員3名、信頼できる先輩方、そして本当にすてきなスタッフの皆様のお陰で日々の撮影も楽しく参加させていただいております」とコメント。

 「作品を見てくださる皆様が安心してGUTS-SELECTを信じ、応援できるよう、頼もしくカッコいい副隊長を演じ切りたいと思いますので、どうか最後まで『ウルトラマンデッカー』の応援をよろしくお願いいたします」とメッセージを送った。

 「ウルトラマンデッカー」は、前作「ウルトラマントリガー NEW GENERATION TIGA」の数年後、人類の未知なる世界への探求心“ネオフロンティアスピリッツ”が宇宙に拡大した時代が舞台。新たな光の巨人・ウルトラマンデッカーが、突如襲来した謎の宇宙浮遊物体・スフィアの群れに攻撃を受け、地球に現れる。新たに再編されたGUTS-SELECTの新人隊員・アスミ カナタが変身アイテム・ウルトラDフラッシャーを使い、ウルトラマンデッカーに変身する。1997~98年に放送され、今年25周年を迎える「ウルトラマンダイナ」のエッセンスを取り入れた作品となる。

 2018年に「第31回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でグランプリに輝いた松本大輝さんが主人公・アスミ カナタを演じる。「ウルトラマンR/B(ルーブ)」などの武居正能さんがメイン監督を務め、「ウルトラマンジード」「ウルトラマントリガー エピソードZ」などの根元歳三さんがシリーズ構成を担当する。テレビ東京系で7月9日から毎週土曜午前9時に放送。

写真を見る全 3 枚

アニメ 最新記事