日向坂46齊藤京子:新シングル「僕なんか」は「グループの“ターニングポイント”になるような曲」 「THE FIRST TAKE」でソロ歌唱 

YouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」に出演するアイドルグループ「日向坂46」の齊藤京子さん
1 / 1
YouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」に出演するアイドルグループ「日向坂46」の齊藤京子さん

 アイドルグループ「日向坂46」の齊藤京子さんが、アーティストが一発撮りのパフォーマンスを披露する人気のYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」に出演することが分かった。齊藤さんの単独出演で、6月1日発売の最新7枚目シングル「僕なんか」を歌唱する。同チャンネルに、日向坂46のメンバーがソロで出演するのは初めて。動画は5月18日午後10時に公開される。

 齊藤さんは新シングル「僕なんか」について、「いつもの(日向坂46の)キャッチーで、可愛らしい、温かい雰囲気(の楽曲)とは打って変わって、ネガティブな感じのメッセージの強い曲なので、日向坂46のターニングポイントになるような曲なんじゃないかなと思います」とコメント。

 今回、ピアノとストリングスのスペシャルアレンジされた「僕なんか」を歌うが、「テンポを落としていてボーカルを引き立てるような伴奏になっています。歌詞の主人公のように、『自分なんか』って思ってしまう時も、私自身もあるので、その時のネガティブになってきてしまう時の自分を降ろして歌いました」と撮影を振り返った。

芸能 最新記事