神クズ☆アイドル:テレビアニメ公式サイトが“紙くず”サイトに! 仁淀ユウヤがやる気ゼロで制作?

“神くずサイト”に変貌した「神クズ☆アイドル」の公式サイト(C)いそふらぼん肘樹・一迅社/「神クズ☆アイドル」製作委員会
1 / 12
“神くずサイト”に変貌した「神クズ☆アイドル」の公式サイト(C)いそふらぼん肘樹・一迅社/「神クズ☆アイドル」製作委員会

 「月刊コミックZERO-SUM(ゼロサム)」(一迅社)で連載中のいそふらぼん肘樹さんのマンガが原作のテレビアニメ「神クズ☆アイドル」の公式サイトがリニューアルされ、“やる気ゼロの紙くずサイト”に変貌した。

 紙くずサイトは、主人公・仁淀ユウヤが作成したといい、手書きでつづられたメニュー、セロハンテープで切り貼りされた作品ロゴなど手作り感が満載のデザインとなっている。本来公式サイトに載るべき情報については「Twitterに載ってるんでそっち見てください」と記載しているのみで、仁淀ユウヤ本人のやる気のない性格がサイトにも表れている。サイトに掲載された仁淀ユウヤ役の今井文也さんの描き下ろしキービジュアルもインパクト大だ。同ビジュアルは、公式ツイッターで配布されている。

 公式サイトのリニューアルを受け、公式ツイッターでは、紙くずサイト制作の経緯を追った仁淀ユウヤと信濃社長のショートボイスドラマを公開。テレビアニメ化を控えるも、いつまでもやる気のない仁淀を信濃社長がSNS隊長に任命し、公式サイトを作るよう指示する様子が描かれる。

 「神クズ☆アイドル」は、顔はいいが、歌わない踊らないファンサ(ファンサービス)しない、全くやる気のないアイドル・仁淀ユウヤが、“神アイドル”最上アサヒ”の幽霊と出会う……というストーリー。

 アニメは、福岡大生さんが監督を務め、スタジオ五組が制作する。今井さんがクズアイドルの主人公・仁淀ユウヤ、東山奈央さんが“神アイドル”幽霊の最上アサヒ、堀江瞬さんが仁淀と共にZINGSのメンバーとして活動する吉野カズキをそれぞれ演じる。2022年夏に放送。

写真を見る全 12 枚

アニメ 最新記事