元彼の遺言状:ついに“篠田”大泉洋の正体判明 視聴者「面白くなってきた」 ぬか漬けのつぼに「鎌倉殿」首桶思い出す声も(ネタバレあり)

連続ドラマ「元彼の遺言状」第7話のワンシーン(C)フジテレビ
1 / 1
連続ドラマ「元彼の遺言状」第7話のワンシーン(C)フジテレビ

 女優の綾瀬はるかさん主演のフジテレビ系“月9”ドラマ「元彼の遺言状」(月曜午後9時)第7話が5月23日に放送された。ついに篠田敬太郎(大泉洋さん)の正体が明らかになり「めちゃめちゃ気になる展開になってきた」と視聴者の関心を高めた。

 ◇以下、ネタバレがあります

 ドラマは、新川帆立さんの同名小説(宝島社)が原作。剣持麗子(綾瀬さん)の元恋人・森川栄治(生田斗真さん)が、「僕の全財産は、僕を殺した犯人に譲る」という奇妙な遺言を残して死亡。第1、2話では栄治が身を置いていた別荘の管理人・篠田と共に、麗子が栄治の巨額の遺産と死の真相に迫った。

 篠田は、栄治が大学時代に所属していたミステリー研究会の先輩だったというが、第6話では別人であることが判明。ミステリー研究会には、確かに篠田敬太郎というOBがいたものの、既に死亡していることが明らかになった。

 第7話では、篠田がぬか漬けのつぼからある物を取り出した。それはさまざまな偽名を使った身分証明書で「僕は篠田敬太郎じゃない。僕は殺人犯なんだ」と告白し……と展開した。

 SNSでは「篠田ーーー?!?!」「篠田が殺人犯……? ほんとに?」「えー!?ってラスト」と驚きの声が上がり、「面白くなってきた」「『殺人犯・篠田』わくわくしてきました」「どうなっていくんだろ」と今後の展開に注目が集まった。

 また、22日に放送されたNHKの大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(総合、日曜午後8時ほか)では、大泉さん演じる源頼朝が、源義経の首桶を前に泣き崩れるシーンが描かれた。このため「篠田が持ってきたぬか漬けのつぼが、首桶にしか見えなかった」「篠田がつぼ持ってきたときヒヤヒヤしちゃった」「昨日のトラウマで『やだ、中身、首!?』ってなった」といったコメントも見られた。

テレビ 最新記事