ONE PIECE FILM RED:尾田栄一郎描き下ろしポスタービジュアル 「赤髪が導く“終焉”」 ルフィとシャンクス ウタの涙も

尾田栄一郎さんが描き下ろした「ONE PIECE FILM RED」のポスタービジュアル(C)尾田栄一郎/2022「ワンピース」製作委員会
1 / 3
尾田栄一郎さんが描き下ろした「ONE PIECE FILM RED」のポスタービジュアル(C)尾田栄一郎/2022「ワンピース」製作委員会

 尾田栄一郎さんの人気マンガ「ONE PIECE(ワンピース)」の新作劇場版アニメ「ONE PIECE FILM RED」(谷口悟朗監督、8月6日公開)の新たなポスタービジュアルが6月8日、公開された。尾田さんの描き下ろしで、異なる方向を見つめるシャンクスとルフィ、涙を流すウタの姿が描かれ、「赤髪が導く“終焉(フィナーレ)”」という意味深なコピーが添えられている。同日、YouTubeで配信された特番「『ONE PIECE FILM RED』新情報発表特番」で公開された。

 第1弾入場者プレゼントとして、尾田さんが描き下ろしたキャラクター設定画、ストーリー資料などを収録した小冊子「コミックス-巻四十億“RED”-」が300万部限定で配布されることも発表された。尾田さん描き下ろしのポスタービジュアルを使用したムビチケカードが6月11日から発売される。

 劇場版では、世界中が熱狂する歌姫・ウタがライブで初めて公の前に姿を現すことになる。素性を隠したまま発信するウタの歌声は“別次元”と評されるほどで、歌声を楽しみにしているルフィ率いる麦わらの一味、海賊、海軍と世界中のファンが会場を埋め尽くす。そんな中、ウタがシャンクスの娘であると発覚する。

 「コードギアス」シリーズなどの谷口さんが監督を務める。1998年に開催されたイベント「ジャンプ・スーパー・アニメツアー’98」で上映された「ONE PIECE」の初のアニメ「ONE PIECE 倒せ!海賊ギャンザック」で監督デビューした谷口監督が、約24年ぶりに「ONE PIECE」の監督を務めることも話題になっている。

写真を見る全 3 枚

アニメ 最新記事