ナンバMG5:次回、最終回「終わってほしくない!」 早くもロスの声 剛、難破家の動向に注目

連続ドラマ「ナンバMG5」第9話のワンシーン(C)フジテレビ
1 / 1
連続ドラマ「ナンバMG5」第9話のワンシーン(C)フジテレビ

 俳優の間宮祥太朗さん主演の連続ドラマ「ナンバMG5(エムジーファイブ)」(フジテレビ系、水曜午後10時)の第9話が6月15日に放送された。残すところあと1話となり、視聴者は「来週最終回かと思うとさみしい」「終わってほしくない!」「最終回嫌だああ」と早くも“ロス”に陥っている。

 これまで家族の前ではヤンキー、高校では真面目な生徒という「二重生活」を送ってきた難破剛(間宮さん)。第9話では、剛が「ヤンキー校」の市松高校ではなく、白百合高校に通っていることが家族にバレてしまい、兄・猛(満島真之介さん)は「てめぇが家族裏切るなんてよ」と激怒。剛は「普通の高校生になりたかった」と正直に思いを打ち明けるが、やはり父・勝(宇梶剛士さん)、母・ナオミ(鈴木紗理奈さん)からも怒鳴られてしまった。

 うそを責められた剛だったが、生粋のヤンキー精神を持つ家族たちに言えるわけがないと反論。涙ながらに「俺だってよ! 好きでこんなうそついたわけじゃねぇよ! こんな家に生んでもらって迷惑なんだよ!!」と言って家を飛び出してしまった。

 そんな中、剛は渋谷制覇を目前にしたヤンキー集団「マッドマウス」の怒りを買い、集団で高校に乗り込んでくる事態に。大切な場所を荒らされた剛は意を決し、特攻服のヤンキー姿で立ち向かう。しかし、警察が現れて剛は連行され……と展開した。

 最終回(22日)の予告映像には「難破剛君を退学処分とする」という教頭のせりふや、「白百合には戻れないよ」と話す剛の姿が登場。SNSでは「最終回どうなるんだ!」「どうか幸せになってほしい」「ハッピーエンドで終わってくれよな」といった声が上がっている。

テレビ 最新記事