花守ゆみり:「ゆるキャン△」第1期から4年 「すっかりキャンパーに」 映画は「アドレナリンが出ちゃう」

「映画『ゆるキャン△』」の完成披露上映会に登場した花守ゆみりさん
1 / 6
「映画『ゆるキャン△』」の完成披露上映会に登場した花守ゆみりさん

 あfろさんのマンガが原作のアニメ「ゆるキャン△」の劇場版アニメ「映画『ゆるキャン△』」(京極義昭監督、7月1日公開)の完成披露上映会が6月19日、新宿ピカデリー(東京都新宿区)で開催され、各務原なでしこ役の花守ゆみりさんら声優陣が登場した。テレビアニメ第1期の放送が始まった2018年から約4年がたち、花守さんは「もう4年、たっちゃうんですね。早いですね。すっかりキャンパーになってしまいました。あっという間でした」と思いを語った。

 劇場版では、なでしこらが大人になって登場することも話題になっている。大人になったキャラクターのビジュアルも公開されており、花守さんは「私、このビジュアル大好きです。テントとシュラフを干せる広いベランダなんですよね。私の知らない時間も(なでしこが)キャンプが大好きでいたことが伝わっています」と話した。劇場版について「アドレナリンが出ちゃう。心がデトックスされます。大切なことをお伝えできる作品になっています」と自信を見せた。

 上映会には、志摩リン役の東山奈央さん、大垣千明役の原紗友里さん、犬山あおい役の豊崎愛生さんも登壇した。

 「ゆるキャン△」は、女子高生たちがキャンプをしたり、日常生活を送ったりする様子を緩やかに描いている。テレビアニメ第1期が2018年1~3月、第2期が2021年1~3月に放送された。ショートアニメ「へやキャン△」が放送されたほか、福原遥さん主演の実写ドラマも人気を集めている。

 劇場版は、東京のアウトドア店で働く各務原なでしこ、名古屋の小さな出版社に就職した志摩リン、山梨の観光推進機構に勤める大垣千明、山梨の小学校教師となった犬山あおい、横浜のトリミングサロンで働く斉藤恵那が再集結し、キャンプ場を造る……というストーリー。

写真を見る全 6 枚

アニメ 最新記事