純烈:主演映画「純烈ジャー」第2弾公開へ 4人でのラストバトル! 巨大ロボ“銭湯巨神・純烈王”も

映画「スーパー戦闘 純烈ジャー 追い焚き☆御免」のティザービジュアル(C)2022東映ビデオ
1 / 10
映画「スーパー戦闘 純烈ジャー 追い焚き☆御免」のティザービジュアル(C)2022東映ビデオ

 4人組音楽ユニット「純烈」が主演を務める映画「スーパー戦闘 純烈ジャー」の第2弾が公開されることが6月20日、明らかになった。特報、ティザービジュアルも解禁され、メンバーの小田井涼平さんが、今年いっぱいでグループからの脱退を発表していることから、特報は「4人でのラストバトル!!」と銘打たれている。

 映画は、純烈のメンバーが温泉施設を守るヒーロー・純烈ジャーに扮(ふん)し、温泉の平和を乱す悪と戦う物語。昨年9月10日に第1弾が公開された。今作は「スーパー戦闘 純烈ジャー 追い焚(だ)き☆御免」と題し、9月1日に公開。前作に続き、佛田洋さんが監督を手がける。

 映像には巨大ロボ“銭湯巨神・純烈王”も登場。「純」の文字が印象的なカブト型ヘッドに、胸部にはライオンのレリーフをデザイン。右手には「烈」とプリントされたタオルを持ち、左手には黄金の風呂おけを脇に抱えている。また、左肩には特設ステージが設置されている。

 純烈のリーダー・酒井一圭さんは「小田井さんが今年で卒業してしまうので、この4人での純烈ジャーはラストです」と話し、「今回も強力な敵が登場します。迎え撃つ純烈ジャーに強力な味方、巨大ロボが登場します。その名も純烈王! 東映特撮の粋を集結したロボ戦、アクションは大注目です!」と見どころをアピール。「日本アカデミー賞いただきます!!」と意気込みを語っている。

 佛田監督は「今回はドラマのみならず曲数も特撮シーンもさらにスケールアップしてこれぞ“歌謡特撮”と言える作品に仕上がりました。笑って泣ける歌謡シーンはもちろんのこと、クライマックスの巨大ロボ『純烈王』と大物ゲストの大特撮は日本映画史に残ると自負しています」とコメント。「もはや解説は不能。見て感じる映画です。ファンの皆さま、追い焚き御免!」と話している。

写真を見る全 10 枚

映画 最新記事