オールドルーキー:反町隆史がスポーツマネジメント会社社長に “新町”綾野剛を採用

連続ドラマ「オールドルーキー」で高柳雅史を演じる俳優の反町隆史さん(C)TBS
1 / 1
連続ドラマ「オールドルーキー」で高柳雅史を演じる俳優の反町隆史さん(C)TBS

 TBS系「日曜劇場」(日曜午後9時)枠で6月26日に始まる綾野剛さん主演の連続ドラマ「オールドルーキー」。引退したサッカー元日本代表・新町亮太郎(綾野さん)が、スポーツマネジメント会社「ビクトリー」に勤めてセカンドキャリアを歩む姿を描くオリジナル作品だ。反町隆史さん演じる高柳雅史(たかやなぎ・まさし)を紹介する。

 ◇合理的な手腕の「ビクトリー」社長 “新町”綾野剛を入社させた目的とは?

 高柳は、「ビクトリー」の社長。企業理念に「すべてのアスリートにリスペクトを」と掲げ、その手腕は合理的だ。

 サッカーしか取りえのない新町をわざわざ入社させたのには、“ある目的”があって……。

 ◇初回ストーリー

 サッカー元日本代表の新町亮太郎は37歳で選手としての峠は越えたものの、J3「ジェンマ八王子」で活躍していた。しかし、ある日突然、チーム解散が告げられる。移籍先の見つからなかった新町は現役引退を余儀なくされる。

 一般的な職に就くものの、新町は仕事の厳しさに直面。親子仲に亀裂が生じる。ただ、妻・果奈子は新町が新しい仕事に挑むことを応援してくれていた。そんな新町にビクトリー社長の高柳雅史(反町隆史さん)が、「うちで働いてみないか?」と声をかけ、若くて優秀な深沢塔子(芳根京子さん)と組むよう指示する。

 新町の初任務は、ドイツで活躍するサッカー選手・矢崎十志也の日本滞在中のサポートだが、矢崎と新町にはある因縁があり……。

テレビ 最新記事