オールドルーキー:“夫”綾野剛に「『頑張ります』って言いなさい」 榮倉奈々に「惚れた」の声続々

連続ドラマ「オールドルーキー」第1話の一場面 (C)TBS
1 / 4
連続ドラマ「オールドルーキー」第1話の一場面 (C)TBS

 俳優の綾野剛さんが主演するTBS系「日曜劇場」(日曜午後9時)枠の連続ドラマ「オールドルーキー」第1話が6月26日に放送された。現役を引退したサッカー元日本代表・新町亮太郎(綾野さん)の妻・果奈子を演じる榮倉奈々さんについて、視聴者からは「榮倉奈々さんが大優勝だった!」「榮倉奈々に惚れそう」といった声が続々と上がった。

 ドラマは、「HERO」やNHK連続テレビ小説「まんぷく」などを手掛けた福田靖さんのオリジナル作。引退したサッカー元日本代表・新町亮太郎が、スポーツマネジメント会社「ビクトリー」に勤めてセカンドキャリアを歩む姿を描く。

 第1話では、選手としての峠は越えたものの、J3「ジェンマ八王子」で活躍していた37歳の新町は、ある日突然、チームの解散が告げられ、移籍先を探すことになる。「ビクトリー」に相談をするが、移籍先は見つからず、現役引退を余儀なくされる。一般的な職に就くものの、仕事の厳しさに直面する新町に、ビクトリー社長の高柳雅史(反町隆史さん)が、「うちで働いてみないか?」と声をかけ……と展開した。

 ドイツで活躍するサッカー選手・矢崎十志也(横浜流星さん)の案件を担当することになった新町が、「つらすぎる」「やっぱ俺に裏方は無理」と漏らす場面では、果奈子は「何甘えたこと言ってるの? 亮ちゃん」「家族のために頑張るって決めたんじゃないの?」と叱咤(しった)激励。

 娘たちには嫌われたくないという新町に、「だったら自分は裏方だろうが、矢崎さんがわがままだろうが我慢する。『頑張ります』って言いなさい」と声をかける展開で、SNSでは「榮倉奈々に惚れそう。日曜劇場奥さん最強説」「榮倉奈々ちゃんの姿と声で癒される」「凹みそうになる旦那さんに発破をかける榮倉奈々さんよかった」「榮倉奈々が最高にかっこよすぎて、惚れた」「綾野剛と榮倉奈々の夫婦がステキすぎて 2話目以降が楽しみ」といったコメントが並び、話題となった。

写真を見る全 4 枚

テレビ 最新記事