マギー司郎:コロナ禍で仕事ゼロに 山手線内側を10時間散歩も 弟子・マギー審司と「徹子の部屋」

6月30日放送の「徹子の部屋」に出演するマギー司郎さん(右)とマギー審司さん=テレビ朝日提供
1 / 3
6月30日放送の「徹子の部屋」に出演するマギー司郎さん(右)とマギー審司さん=テレビ朝日提供

 手品師のマギー司郎さんと弟子のマギー審司さんが、6月30日午後1時から放送される黒柳徹子さんの長寿トーク番組「徹子の部屋」(テレビ朝日系)に出演する。

 コロナ禍で仕事がゼロになったという2人。師弟で会う機会も無くなったといい、マギー審司さんは、師匠との連絡方法はラインだと明かす。しかし、ラインのやり取りは師匠から一方的に送られる手作り料理の写真のみ。それが唯一の“生存確認”だったという。

 マギー司郎さんは、コロナ禍の暇な時間を有効活用し、散歩を楽しんでいると話す。近くの川沿いを歩き、休憩時に読書をしたり、山手線の内側を10時間かけて歩くことも。

 マギー審司さんは家族5人での「パン作り」を楽しんでいると語る。しかし、自分抜きの妻と子供4人の「家族の輪」ができていると嘆く。

 番組開始早々に、2人が黒柳さんからマジックをせがまれるというハプニングも。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事