聖剣伝説 Legend of Mana:テレビアニメが10月スタート もう一人の主人公セラフィナに早見沙織 OPも担当

「聖剣伝説 Legend of Mana -The Teardrop Crystal-」に登場するセラフィナ(左)と声優を務める早見沙織さん(C)SQUARE ENIX/サボテン君観察組合
1 / 20
「聖剣伝説 Legend of Mana -The Teardrop Crystal-」に登場するセラフィナ(左)と声優を務める早見沙織さん(C)SQUARE ENIX/サボテン君観察組合

 スクウェア・エニックスの人気アクションRPG「聖剣伝説」シリーズの「聖剣伝説 Legend of Mana」が原作のテレビアニメ「聖剣伝説 Legend of Mana -The Teardrop Crystal-」が、10月から放送されることが分かった。同作は少年・シャイロが主人公となることが発表されており、もう一人の主人公として少女・セラフィナが登場することも発表された。早見沙織さんがセラフィナの声優を務める。早見さんはアニメのオープニングテーマ(OP)「Tear of Will」も担当する。

 声優として三瓶由布子さん、下地紫野さん、國立幸さん、久保ユリカさんが出演することも発表された。三瓶さんは、大魔法使いになることを夢見る男の子のバド、下地さんはバドの双子の姉・コロナ、國立さんは謎のタマネギ剣士・ドゥエル、久保さんはシャイロが自宅で世話をしているサボテン・サボテン君をそれぞれ演じる。

 早見さんは「長く愛される作品の初めてのアニメ化に携わらせていただくということで、うれしい気持ちと同時に緊張も感じました。今回映像化される『宝石泥棒編』の中身を知ってからは、個性的な設定や情景、動くキャラクターたちがアニメーションで見られることがとても楽しみになりました。作品の魅力をアニメでもお伝えする一端を担えるよう、精いっぱい努めたいと思っています」とコメント。

 三瓶さんは「長年愛されてきた作品の初のアニメに出演できることを光栄に思います。にぎやかだな~とシャイロにも皆さんにも思っていただけるよう、双子の息を合わせて頑張ります! おなじみのキャラクターたちが、アニメの世界でどう動き、しゃべり、冒険するのか。私も演じながら、完成を楽しみに待ちたいと思います」と話している。

 下地さんは「アニメ化が発表された時から、皆さんからの注目度が高いという印象があったので、それだけ多くの方に愛されている作品に参加できるというのは光栄です! 同時に、担当させていただくコロナと弟のバドは、初めてイラストを見た時から可愛くてたまらなく思っているので、その魅力をお届けできるように頑張りたいと、気が引き締まりました」とコメント。

 國立さんは「人気作品ということで大変プレッシャーではありますが、丁寧に向き合わせていただいております。皆さんの青春に息を吹き込めたらいいな……。よろしくお願いいたします!」と話している。

 久保さんは「作品について調べる過程で『聖剣伝説』シリーズが本当に大人気な作品だと知り、とにかく気の引き締まる思いでしたし、『サボテン君』の持つ、良い意味でのゆるさを自分らしく出せるように楽しんでお芝居ができたらいいな……とワクワクした気持ちにもなりました」と語っている。

 「聖剣伝説 Legend of Mana -The Teardrop Crystal-」は、「聖剣伝説」シリーズの30周年を記念した初となるアニメ化作品。全ての源にして、世界を満たす力・マナを求める者たちが冒険を繰り広げる。少年シャイロが、胸に宝石を持つ種族・珠魅の瑠璃、白真珠と出会い、宝石を巡る冒険に旅立つことになる。「盾の勇者の成り上がり」第2期、「異世界食堂」などの神保昌登さんが監督を務め、シリーズ構成を担当する。ゲームのHDリマスター版のアニメーションPVを手掛けたグラフィニカ、横浜アニメーションラボが制作する。

 ◇キャスト(敬称略)

 シャイロ:島崎信長▽セラフィナ:早見沙織▽瑠璃:梅原裕一郎▽真珠姫:名塚佳織▽バド:三瓶由布子▽コロナ:下地紫野▽ドゥエル:國立幸▽サボテン君:久保ユリカ

写真を見る全 20 枚

アニメ 最新記事