少年ジャンプ+:2023年に新連載の英語版同時連載 海外向けマンガアプリ「MANGA Plus by SHUEISHA」で配信

「ジャンプのミライ2022」の様子
1 / 2
「ジャンプのミライ2022」の様子

 集英社のマンガアプリ「少年ジャンプ+(プラス)」の新たな取り組みとして、2023年以降にスタートする全ての新連載の英語版を配信することが分かった。日本では「少年ジャンプ+」で日本語版を連載し、同社の海外向けマンガ配信アプリ・ウェブサービス「MANGA Plus by SHUEISHA」で英語版を同時連載する。6月29日に実施されたオンライントークイベント「ジャンプのミライ2022」第1回で発表された。

 新連載の英語版同時連載によって、「少年ジャンプ+」の連載作品が最新話が更新されるたびに、日本だけでなく世界中で同時に共通の話題となり、「世界規模でヒットマンガを生み出していく基盤としていく」ことを狙いとしている。

 「少年ジャンプ+」の籾山悠太副編集長は、「海外のマンガの市場は拡大している。ここ数年で『ONE PIECE』をはじめ、海外のコミックスの売り上げも増加している」「日本でもマンガをアニメ化する際、海外の人気が重視されるようになっている」と説明。「MANGA Plus by SHUEISHA」によって「作品を日本から海外へ輸出するだけではなく、『ジャンプ』の仕組みを海外へ拡大し、ヒットマンガを生み出していきたい」と展望を語った。

写真を見る全 2 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画